EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200408<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>200410
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アイ,ロボットアイ,ロボット
監督:アレックス・プロヤス
原作:アイザック・アシモフ
出演:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド
製作:2004年、アメリカ
 
DVD情報をAmazonで!
by G-Tools

昨日ワーナー・マイカル・シネマズ広島で『アイ,ロボット』を見て2時間ほどの未来シカゴを楽しんできました。ストーリーのはじまりはこんな感じです。

30年未来のシカゴでは、ヒト型ロボットが普及し、労働、家事にロボットが従事しています。ロボット3原則に基づきロボットは忠実に人に尽くし、人々とロボットが当たり前に共存している世界で、ある日事件が起きるのです。
 ロボット工学の権威ラニング博士(ジェームズ・クロムウェル)の殺害事件が起こります。事件は自殺と処理されようとします。しかし、シカゴ市警刑事のデル・スプーナー(ウィル・スミス)は、1体の新型ロボットNS-5を容疑者!?として捜査を開始します。

この映画はとにかく面白かったです。退屈に思う時間無く最後まで映画を見ることができました。映画を見終わるといろいろなナゾが出てくるかもしれないけれど、いろんな解釈ができてそれはそれでいいのではないかと思いました。そして映画の終わりはロボットの世界が、それから先、構築されていくことを思わせるシーンでした。

ロボットがいる近未来シカゴの風景、ウィル・スミスとロボットのアクション、意外な展開のミステリーなど見所満載です。辛口な批評もありますが、ちょっとロボットのいる未来を見ませんか?

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。