EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200410<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>200412
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

笑の大学笑の大学
監督:星護
原作・脚本:三谷幸喜
出演:役所広司、稲垣吾郎
製作:2004年、日本

DVD情報をAmazonで!
by G-Tools

三谷幸喜原作・脚本の映画『笑の大学』(笑の大学サイトこの映画を上映している映画館は?)を先日の日曜日にダイヤモンドシティ広島のバルト11で見た。

ストーリー
昭和15年の戦時下の日本、警視庁は大衆演劇の台本の検閲を行なっていた。検閲官の向坂睦男(役所広司)は 劇団・笑の大学の座付作家の椿一(稲垣吾郎)の台本は問題があり許可は出せないという。

[映画『笑の大学』]の続きを読む
スポンサーサイト

僕はラジオ僕はラジオ
原題:Radio
監督:マイク・トーリン
出演:キューバ・グッディング・Jr、エド・ハリス、アルフレ・ウッダード、デブラ・ウィンガー
製作:2003年、アメリカ
DVD情報をAmazonで!
by G-Tools

僕はラジオ』(この映画を今上映している映画館は?)は9月25日より日本で公開されていますが、私NOVの広島エリアでは最近公開されていたようです。残念なことに広島は少し公開が遅いです。しかし、このような大規模には上映されない作品でもここ広島で見られることはありがたく思います。そういうわけで本日『僕はラジオ』を見に行きました。

この映画は事実に基づいて作られた作品です。『僕はラジオ』とは一風変わったタイトルですよね。このお話は知的障害を持つラジオと呼ばれていた黒人少年と高校アメリカンフットボールコーチが出会い、それから起こる信じられないほどのハートウォーミングな奇跡の連続です。

[映画『僕はラジオ』~本当にあった信じられないストーリー]の続きを読む

ハウルの動く城ハウルの動く城ハウルの動く城
監督:宮崎駿
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ『魔法使いハウルと火の悪魔』
音楽:久石譲
声の出演:倍賞千恵子、木村拓哉、美輪明宏
 
DVD情報をAmazonで!
by G-Tools

ハウルの動く城』(この映画を上映している映画館は?)を見に行った。この映画は『千と千尋の神隠し』から3年振りの宮崎駿監督のアニメーション映画です。

ストーリー
物語の舞台は19世紀終わりごろのヨーロッパに魔法の世界が混ざったような不思議な世界。列車が走り、不思議な飛行機物体の飛ぶ世界。ある日ソフィー(倍賞千恵子)はなぜか荒地の魔女(美輪明宏)に突然魔法をかけられ、90歳のおばあさんなってしまう。家をソフィーは飛び出し「動く城」にたどり着くのだが……。

[映画『ハウルの動く城』]の続きを読む

この度ライブドアブログからFC2ブログへログの移動が完了しました。やっと終わったなという感じです。

モーターサイクル・ダイアリーズ
原題:THE MOTORCYCLE DIARIES
監督:ウォルター・サレス
出演:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ
製作:2004年、イギリス=アメリカ
DVD情報をAmazonで!

サロンシネマで現在上映中の『モーターサイクル・ダイアリーズ』(この映画を上映している映画館は?)。この映画はチェ・ゲバラが青年時代に経験した南米大陸縦断旅行をベースにした作品。ロバート・レッドフォードが長年あたためていた企画で、監督にウォルター・サレスを迎えて製作された。

チェ・ゲバラはどのような人物かというと、アルゼンチン生まれの革命家で、キューバのゲリラ指導者であった。彼のすさまじい人生はこちらのリンク先を参照してください。ところで、先ほどのリンク先にもあるが、彼は医者だったそうで、実は映画を見る少し前までそのことを知り意外に思った。ちなみに、ロドリゴ・デ・ラ・セルナはチェ・ゲバラのはとこだとか。
[映画『モーターサイクル・ダイアリーズ』~チェ・ゲバラの青春時代]の続きを読む

ジョゼと虎と魚たちジョゼと虎と魚たち
監督:犬童一心
原作:田辺聖子
出演:妻夫木聡、池脇千鶴
製作:2003年、日本
 
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

今日はサロンシネマで『ジョゼと虎と魚たち』を見ました。この映画は昨年公開された作品で、今日は広島修道大学の自主映画会のイベントで特別に上映されていた。当日料金は600円だった。

この作品が公開されたころ、見に行こうかとは思っていたが時期を逃してしまった。そして今回たまたま特別に上映されることになり、「今度こそは見るぞ」というわけで見に行くことにした。

[映画『ジョゼと虎と魚たち』]の続きを読む

今年の8月18日から使用していたライブドアブログですが、なかなか繋がらないといったトラブルがあっても私は穏やかにライブドアブログを使い続けていました。

しかし、11月12日発表の利用規約の一部変更で、「著作権が危ない。たとえ私の文章に商業的価値などなくても……」というわけでブログの引越しを決めました。気味が悪いですね。

法律的なことは私にはわからないが、そもそも著作権は自然に発生すると聞いたことがあるけれども……いったいどういうことでしょうか?利用規約の一部変更はサイト上でも論議を呼んでいます。

[ライブドアからFC2ブログへ移転してきました]の続きを読む

堕天使のパスポート
原題:Dirty Pretty Things
監督:スティーヴン・フリアーズ
出演:オドレイ・トトゥ、キウェテル・イジョフォー、セルジ・ロペス
製作:2002年、イギリス

Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

今日、妻と一緒にサロンシネマへ行き映画『堕天使のパスポート』を見に行った。PECカードを提示すると一般で300円、学生で200円の割引が受けられる。
料金を支払った後、すこしカビくさい気がする館内へ入り映画を鑑賞した。

[映画『堕天使のパスポート』~ロンドンの裏社会の一面]の続きを読む
iTALKFOCAL POINT iTalk GRI-IP-000005
フォーカルポイントコンピュータ
売り上げランキング 742
 
Amazonで詳しく見る
by G-Tools

iPodは音楽を聴くだけの道具ではなく、iPodをカンタンに録音器具にする方法があります。私はフォーカルポイントコンピュータから発売されているiTalkという機器をアマゾン(Amazon.co.jp) で購入しました。注文したら2日後には家へ配達してくれました。

家で買い物ができるアマゾンは実に便利です。よくネットショッピングは不安だという声もありますが、アマゾンでは安心して買い物を楽しむことができます。

[iPodで録音]の続きを読む

先日、東京事変の『遭難』を買い、2004/10/25付けの記事に書いた通りCD購入者限定のコンサートツアーの先行予約を申し込んだ。ただしその先行予約とやらはひとりにつき一枚しか申し込めないものだった。一人で行くかどうか悩みつつ申し込んだ結果、やはり当選していた。

[東京事変 live tour 2005 "dynamite"]の続きを読む

iPodの液晶画面に保護フィルムを貼りました。はじめはフィルムはいらないと思っていました。しかし画面を見ると少しキズが付いていたため、だんだんと画面が見づらくなるかもしれないと思いフィルムを買って貼ることにしました。

[iPodの液晶画面保護フィルムを貼る]の続きを読む

広島・シネツイン1でシャーリーズ・セロン主演の映画『モンスター』を見に行きました。ちなみに、シネツイン1と2、サロンシネマは日曜18時か19時の上映作品は1000円なのでその時間帯を選びました。

シャーリーズ・セロンはとてもキレイな女優さんでしたが、この映画では醜く姿を変えています。最近彼女が出演していた映画『ミニミニ大作戦』を私は見たことがあります。ミニミニ…での彼女は『モンスター』では全くの別人になってしまいました。1975年生まれの彼女は今年で29歳ですが、映画では40歳以上に見えます。このシャーリーズ・セロンの変貌ぶりは驚きです。

なにしろ彼女はこの映画のために醜くなるため太ったそうです。スクリーンでは一度彼女の下着姿のシーンがあるのですが、そのぶよぶよとした贅肉の付いた体はとてもモデル経験の女優のものとは思えないでしょう。

ストーリーは事実に基づいて作られています。7つの殺人事件を犯し死刑判決を受けたアイリーン・ウォーノス(事件についてはこのリンク先をクリック)について描いたムービーです。アイリーンをシャーリーズ・セロンが熱演しています。今までのシャーリーズ・セロンをよく見ていたひとなら絶句したくなるくらい別人になっていて、話す言葉の下品さも英語のよくわからない私にも伝わってきました。

話はアイリーンがセルビィと出会い、アイリーンは7つの殺人事件を犯して捕まり、死刑判決を受ける流れです。ただ単に殺人事件を描くだけではなく、セルビィとの同性愛、アイリーンの人生のやるせなさなどを織り交ぜられています。

映画を通して私にはシャーリーズ・セロンの熱演は非常によく伝わってきました。かつて7人を殺した残酷な殺人犯(1人はいたしかたないのですが、他の6人は不当に殺しています。)の非道な様子がスクリーンで再現されています。しかし、彼女の熱演は素晴らしいのですが、それ以外にはそれほど多くのものは伝わってこない印象を持ちました。だからこそシャーリーズ・セロンを見るためだけにこの映画を目にする価値がきっとあるのです。

家にあるすべてのCDをかき集めて、iTuneのライブラリに保存しました。数日間ちょこちょこと編集してすべてのCDをライブラリに集めてみました。

iPodとパソコンをつなぐと自動で音楽がiPodへ転送されます。みごとに音楽が転送されていきます。転送中はケーブルを外さないようにという注意がiPodの液晶画面に表示されます。転送が終わるとケーブルを外しました。

[iPodに音楽を転送]の続きを読む

監督:山田洋次
製作総指揮:迫本淳一
原作:藤沢周平
脚本:山田洋次、朝間義隆
音楽:冨田勲
出演:永瀬正敏、松たか子、吉岡秀隆、小澤征悦、田畑智子
製作:2004年、日本
上映時間:131分
『隠し剣 鬼の爪』公式サイト

昨日、ワーナーマイカルシネマズ広島で『隠し剣 鬼の爪』を観た。観客は私たちを含めて計3組の6人。この少なさはレイトショーのためだろうか。

この映画は男はつらいよで有名な山田洋次監督の描く時代劇。『たそがれ清兵衛』も同監督の作品なのだが、私はそちらは見ていない。原作は藤沢周平の連作短編集「隠し剣 孤影抄」に収録されている。

全体的にはよくまとまったいい時代劇。江戸時代の風景を見るだけでもタイムスリップし、あたかもそこにいるような感じがする。人々のその時代の暮らしぶり、市中のさまざまな家屋。なぜかなつかしい村の風景。いろいろと目で見て楽しむことができる。随所に結構笑いどころもあり楽しめる。

[映画『隠し剣 鬼の爪』]の続きを読む

iPodカバーiPodは裏面が鏡面仕上げになっています。また全体的につるつるした材質感なのでiPodのキズつき防止と手やポケットからの滑落防止のために右の写真に示すシリコン製のカバーを買って装着しました。

カバー装着して手にiPodを持ってみました。ざらざらしているのでうっかり手からiPodを落すというアクシデントはかなり防げると思います。操作性はカバーをつけても特に変わりは無いようです。ただし、充電する時はカバーの下部をめくって本体の一部を露出させる必要がありますが、一部だけカバーをめくって充電可能な事がこのカバーのセールスポイントのようです。

[iPodにカバーを装着]の続きを読む

生徒の血液使い理科授業 和歌山・橋本の男性教諭という見出しニュースが報道された。以下報道を引用させていただく。

[理科教師の苦悩]の続きを読む

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。