EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200411<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200501
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

父、帰る
原題:VOZVRASHCHENIE(Возвращение)
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
音楽:アンドレイ・デルガチョフ
出演:ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ
製作:ロシア、2003年

『父、帰る』(父、帰る公式サイトこの映画を上映している映画館は?)をサロンシネマで見てきた。この映画はロシア映画である。私はロシア映画を見るのは初めてだ。いままで、何回かその予告編の上映を見てきたが、その時の印象ではどうも謎が多そうで、また重苦しそうに感じた。アンドレイ・ズビャギンツェフ監督は、初監督にして、2003年度ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞・新人監督賞や世界各国の映画祭で数々の賞を受賞した。

ストーリー
母と祖母と兄弟の四人暮らしの家に、ある日突然父が帰ってきた。父は12年ぶりに家に帰ってきた。子どもたちは父親の顔は写真でしか知らなかった。父は子どもたちを翌日から旅行に連れて行くことにした。

レビュー
普通なら楽しいはずの父親との湖への旅行だが、兄弟にとっては試練の連続だった。私もこんな旅行には行きたくないと思う。

登場するキャストは誰も笑わない。父親が帰ってきても母や祖母は喜んでいる気配は無い。重苦しい空気が漂う。美しい風景と父子のかみ合わない交流のコントラストがなんともいえない世界を作り出す。

映画を見ている観客に多くの疑問をこの作品は投げかけてくる。いったいこの父は何者か、父は何がしたいのか、また、あれはいったいなんだったのか、と次から次へと何だろうと思いながらこの映画を見ることになる。そして、それらの疑問は最後まで何一つ解決しない。おそらくそういった疑問はこの映画の本質ではないのかもしれない。

決して見ていて楽しい映画ではないが、印象に残る映画だった。自分自身が父親にいずれなった時、この映画に対する見方は今とは違ったものになりそうだ。私はこの映画では風景を最も印象的に感じた。ストーリーはそっちのけで時々風景を楽しんでいた。

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。