EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200411<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200501
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

ターミナル\ターミナル
原題:The Terminal
監督:スティーブン・スピルバーグ
脚本:サーシャ・ガヴァシ 、ジェフ・ナサンソン
出演:トム・ハンクス、キャサリン・ゼタ=ジョーンズ、スタンリー・トゥッチ
製作:2004年、アメリカ
Amazonで詳しく見る
   by G-Tools

『ターミナル』公式サイト
『ターミナル』を上映している映画館は?

ストーリー
東ヨーロッパのクラコウジア(この映画中での架空の国)出身のビクター(トム・ハンクス)はニューヨークを目指し入国手続き中に空港警備局の係官に呼び止められる。驚くべきことにビクターの祖国クラコウジアはクーデターにより国家が消滅してしまった。そのためビクターのパスポートは無効となり空港ターミナル内で過ごすことを余儀なくされる。

レビュー
空港ターミナル内で足止めをくらった男と彼に関わる人間が織り成す様々な人間模様が描かれている。祖国が消滅し、パスポートが無効となったためビクターは入国不可となってしまう。英語を自由に喋ることができないビクターだが、知らず知らずのうちに空港内の労働者と親しくなっていったり、英語が上達していくさまはトム・ハンクスならではの演技のように感じた。

空港内では多くの人が働く。ある者はビクターをスパイではないかと恐れたり、別の者はビクターに食事を提供する代わりに意中の女性の情報を求めたり、客室乗務員アメリア(キャサリン・ゼタ=ジョーンズ)はビクターにしかない何かに好意を寄せる。まさに空港内で世界が凝縮されているようだ。

私は旅行が大好きな人間なので、この作品のセットは気に入っている。JFK空港ということになっているこの映画の空港が実はセットなのだが、まるで本物の空港にしか見えない。さすが豊富な資金で作られた映画だと思わせる。

基本的には空港内の住人となったビクターと空港で働く人たちによる心温まるコメディタッチなストーリーだったように思う。最終的なビクターの目的が達成された時、私は「よかったなあ」と心の中で呟いた。広くいろんな人物に起こるできごとを見せている作品なので、深い感動を期待しすぎるとやや肩透かしを食うかもしれない。(2004年12月24日ワーナーマイカルシネマズ広島で鑑賞)

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。