EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200412<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200502
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

ネバーランドネバーランド
原題:Finding Neverland
監督:マーク・フォースター
音楽:ヤン・A・P・カチュマレク
出演:ジョニー・デップ、ケイト・ウィンスレット、ジュリー・クリスティ、ラダ・ミッチェル、ダスティン・ホフマン
製作:2004年、イギリス/アメリカ
DVD情報をAmazonで!
  by G-Tools

『ネバーランド』公式サイト
『ネバーランド』を上映している映画館は?

ストーリー
20世紀初頭のロンドンで「ピーター・パン」の物語ができるまでのストーリー。
劇場で作家のジェームズ・バリ(ジョニー・デップ)は新作劇を発表する。しかし、ジェームズは新作の出来に満足していなかったし、観客も劇に満足していない様子だった。劇の初日の翌日の新聞ではジェームズの新作劇は酷評されていた。

レビュー
この話は「ピーター・パン」ができるまでの物語、いわゆるメイキングストーリーだ。この映画では「ピーター・パン」が舞台で上演されるまでのことが描かれている。「ピーター・パン」を作ったジェームズ・バリがどのように生きていたかということが映画を観ることによって今までよりも多くのことがわかる。もちろん映画なので史実と違う部分はあるけれど、ジェームズのキャラクターを今の時代の人たちに容易に伝えるにはこれ以上のものはないと思う。

不評な新作劇の翌日ジェームズは未亡人シルヴィア(ケイト・ウィンスレット)と彼女の子どもたちと公園で知り合い、彼女の子どもたちと親交を深めることとなる。シルヴィアや彼女の子どもたちと深い付き合いを始めることによって、ジェームズに新たな楽しみと同時に葛藤も生まれ、そんな状況の中でジェームズ・バリによって「ピーター・パン」が生み出される。

「ピーター・パン」の初上演日は映画を観ている私までわくわくした。映画の中の「ピーター・パン」もなかなか面白そうだった。記念すべき初上演の時から「ピーター・パン」のピーター(ケリー・マクドナルド)は女性が演じている。そんな歴史的事実も映画の中で確認できたりするところも面白い。

子どもの心を忘れないジェームズだからこそ「ピーター・パン」ができたのはもちろん、シルヴィアの子どもたちがいなければ「ピーター・パン」だけでなくこの映画もこの世界に存在しなかっただろう。そして、感動のラストはじっくりと目に焼き付けて欲しい。ここで感動できるかできないかは観客のファンタジー嗜好の程度にもよるけれど、童心に帰ればきっとそこに感動のネバーランドが見つかる。私は思わず拍手をしそうになってしまった。(2005年1月16日シネツイン1で鑑賞)

追記
この映画の話は歴史的な事実から着想を得て作られているが、映画と史実に違うところはいくらかあるようだ。目立つところを挙げると、映画ではジェームズは未亡人となったシルヴィアと出会うが、史実ではジェームズはシルヴィアが未亡人ではない時にすでに会っている。また、映画ではシルヴィアの子は4人登場しているが、史実ではシルヴィアに出会った時、まだ3人の子どもしかいなかった。

ちなみに、この映画にはシルヴィアの五男であるニコ(名付け親はジェームズ)の娘ローラ・ドゥグッドが登場しているそうだ。彼女の登場シーンではピーターがジェームズを指差し彼女に「僕はピーター・パンじゃないよ。ピーター・パンはあの人だ」と言う。(参考:『ネバーランド』公式サイト)「ピーター・パン」に縁のある方が登場しているとはなかなか粋なことをするものだと思った。

ラストシーンでシルヴィアが亡くなっていくところは悲しかった。そして遺された子たちはどうなるのだろうなどと100年も前のことなのに心配してしまった。その後の歴史的なことも『ネバーランド』公式サイトに書いてある。そこの記述によればその後のシルヴィアが遺した子たちの運命は決して恵まれたものではないけれど、「ピーター・パン」の話と共に子どもたちのことも世界中の人に語り継がれるであろう。

こちらにも『ネバーランド』のレビュー・感想があります。
Groovy Groovers
ネバーランド@映画生活

『ネバーランド』関連商品の紹介
映画「ネバーランド」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
映画「ネバーランド」オリジナル・サウンドトラック

ピーターパン
J・M・バリ 秋田 博
ピーターパン

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。