EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200501<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>200503
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

監督:高橋伴明
原作:那須田稔、岸川悦子
脚本:高橋伴明
音楽:梅林茂
出演:田中裕子、窪塚俊介、黒沢あすか、池脇千鶴、遠山景織子
製作:2004年、日本
上映時間:114分
『火火(ひび)』公式サイト
『火火(ひび)』を上映している映画館は?

ストーリー
神山清子(田中裕子)は穴窯で自然釉を再現しようと挑戦する毎日を送っていた。夫が愛人を連れて離婚し清子は赤貧の生活を送ることとなるが、それでも必死に自然釉の成功をあきらめずに追及する。そしてついに清子は自然釉で作品を完成させる。

レビュー
物語は前半と後半に分かれる。前半は神山清子が穴窯で自然釉を再現させるまでで、後半は清子の息子、賢一(窪塚俊介)が慢性骨髄性白血病を発病し、清子が息子のための骨髄提供者を探そうと奔走し骨髄バンク設立の動きに大きな役割を果たしていく模様が描かれる。

この映画のモデルとなった神山清子自身の自宅と工房が撮影用のセットとして提供され、また彼女は作品中に登場する陶芸作品を作り提供したという。穴窯の燃える火もCG合成ではなく本物だ。本物に囲まれて撮られたこの作品は味わい深い画面で観客を圧倒する。そして田中裕子の演技はまるで神山清子自身が乗り移ったかのような熱演だ。

神山清子のただならぬ生き方に凄まじいものを感じずにはいられない。自然釉のことにあれだけ打ち込む熱意は窯の温度よりも熱そうだった。白血病になる息子賢一を演じる窪塚俊介の演技も初映画出演とは思えないほど見ごたえがある。

息子や娘たちに対して愛情の薄そうな清子だったが、賢一が白血病になってからは並々ならぬエネルギーで息子のために必死になっていく。清子流の芯のある愛情深さで賢一と共に闘病する姿はよく演じられている。特に賢一の母への最後の言葉はきつく、涙を滅多に流さない私でも泣いてしまった。何度も観たい作品では決してないが一度は観ておくべき作品である。(2005年2月10日広島宝塚3で行われた中国放送試写会にて鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
とにかく神山清子のキャラクターは強烈で、なかなかこんな人いない。それから、燃える火、釜の中の様子、焼きあがった作品の一つ一つが画面に映って興味深いものがあった。

もうほとんど文句のつけようがない作品と感じたが、清子に弟子入りした牛尼瑞香(黒沢あすか)がうっかり茶碗を落として叫ぶシーンは無理に突っ込んだような気がする。「形あるものはいつか壊れるんや。でも、心が壊れたら何もつくられへん」(うろ覚え)といったようなセリフはいいだけに残念。

賢一の最期の場面は痛烈で「かあさん、27年育ててくれてありがとう」の言葉は忘れられない。最後の最後のシーンの窯の中の二つの焼き物は何だったのだろうかと思っていたけど、どうやら骨壷のようだ(参照先:映画「火火」を応援する 掲示板)。この映画の観客の満足度はかなり高かったようで、試写会であったがエンドロールが始まって席を立つ人の数は比較的少なかった。

私はこの映画作品『火火(ひび)』を試写会で観た。そこで上映に先立って、広島に初めて来たという高橋伴明監督の挨拶があった。

高橋監督は映画の原作の本『母さん 子守歌うたって』のことを話し、神山さんのことを「ただものではない」と話してくれた。若かりしころ信楽を訪れたRCCの山原玲子アナウンサーが監督に「広島のお好み焼きはいかがでしたか」と尋ねると、監督は「広島のほうが、東京の(広島風お好み焼き)よりボリュームがありますね」と答えると、山原アナは「美味しさも広島の方がいいと言ってくださいよ」というような会話をしていた。打ち合わせどおりでしょうか。

こちら火火@映画生活にも『火火』のレビュー・批評・感想などあります。


映画『火火(ひび)』の原作本の紹介

母さん 子守歌うたって―寸越窯・いのちの記録
那須田 稔 岸川 悦子
母さん 子守歌うたって―寸越窯・いのちの記録こちらはこの記事本文中でも触れた映画の原作本「母さん 子守歌うたって―寸越窯・いのちの記録」です。
by G-Tools

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。