EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200502<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200504
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『ボーン・スプレマシー』公式サイト
『ボーン・スプレマシー』を上映している映画館は?

ストーリー
人目を避けるためインドのゴアでジェイソン(マット・デイモン)はマリー(フランカ・ポテンテ)と共に過ごしていた。ジェイソンはまだ記憶が戻らずかつての記憶の断片がジェイソン自身を苦しめていた。そしてある日、ジェイソンは雑踏の中にいる旅行者然とした男(カール・アーバン)が自分自身を狙っていることを察知し車にマリーを乗せて逃げる。

レビュー
記憶を亡くしたCIAの工作員ジェイソン・ボーンが記憶の断片に苛まれながらも新たにその記憶をたどる。ジェイソンは記憶に導かれながらゴアからナポリ、ベルリンやモスクワへと世界各地を移動する。ナポリへ上陸したジェイソンは記憶をたどるだけでなくCIAの嫌疑を解かなくてはならない事態に陥っていた。ジェイソンは固く結ばれた紐のような状況を慎重に手際よく解決していく。

CIAがジェイソンを追いかけても捕まらないが、時にCIAの非常に近くまでジェイソンはやって来る。そのようなジェイソンの行動はなかなか面白い。特に初めてジェイソンが暗殺をしたホテルにチェックインした時の場面はそのように思わせる。

CIAの工作員だったジェイソン・ボーンを演じるマット・デイモンの演技は今回もスマートで切れのいいアクションを見せてくれる。そしてモスクワでのカーチェイスの場面は特に見逃せない場面の一つ。

今回の作品でジェイソンの記憶のかなりの部分は回復するもののまだすべては取り戻せないようだ。最後にはジェイソンの個人情報の一部が明らかとなり次回作へ続く気配を漂わせていた。(2005年3月5日ワーナー・マイカル広島で鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
かつての自分がやってしまった暗殺に罪の意識を感じたりするところが冷徹普通の工作員とは違う。元々暗殺を遂行する工作員には向いていなかったようだ。ジェイソンはわざわざ暗殺した人物の娘の家まで行きかつての暗殺の真相を告げる。そうすることによってジェイソンはその娘の母親に着せた濡れ衣を自らの手で晴らす。人に着せられた濡れ衣を晴らすだけでなく人に着せた濡れ衣を自分で晴らそうとするジェイソンの行動が実に悩ましかった。

ところでジェイソンの本名は何だったのか忘れてしまった。トリビアなことかもしれないけれど気になっているので、覚えている方がいらっしゃたらコメント欄にでも情報提供があると嬉しいです。

こちらボーン・スプレマシー@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。

原題:The Bourne Supremacy
監督:ポール・グリーングラス
製作総指揮:マット・ジャクソン、ダグ・リーマン、ヘンリー・モリソン、ティエリー・ポトク、ジェフリー・M・ワイナー
原作:ロバート・ラドラム
脚本:トニー・ギルロイ、ブライアン・ヘルゲランド
音楽:ジョン・パウエル
出演:マット・デイモン、フランカ・ポテンテ、ジョーン・アレン、ブライアン・コックス、ジュリア・スタイルズ
製作:2004年、アメリカ
上映時間:108分

映画『ボーン・スプレマシー』に関連したDVDやサウンドトラックのご案内

ボーン・スプレマシー DVD
ボーン・スプレマシー DVD
by G-Tools

オリジナル・サウンドトラック「ボーン・スプレマシー」
ジョン・パウエル サントラ
オリジナル・サウンドトラック「ボーン・スプレマシー」
by G-Tools

The Bourne Supremacy (Original Motion Picture Soundtrack)
Michael O'Donovan Richard Hall John Powell Pete Anthony
The Bourne Supremacy (Original Motion Picture Soundtrack)
リンク先で一部試聴できます。
by G-Tools

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。