EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200502<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200504
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『ローレライ』公式サイト
『ローレライ』を上映している映画館は?

ストーリー
昭和20年(西暦1945年)の8月、既に焦土と化していた日本であったが世界で初めて広島に原子爆弾がアメリカにより投下された。海軍の朝倉大佐(堤真一)は現場を長く離れていた絹見少佐(役所広司)を伊507の艦長に任命した。伊507はドイツ軍より手に入れた潜水艦であり、その潜水艦には「ローレライ」と呼ばれる特殊な敵艦探知システムが搭載されていた。

レビュー
役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎といった知名度の高い俳優陣がずらりと揃えられ、その豪華さは野球で言えばまるでジャイアンツみたいなものだろう。その出演者それぞれが目に付き過ぎるがゆえに映画の世界に入り込みにくいような気がした。

豪華な面々とは対照的にコンピュータグラフィックのチープさは否めない。安っぽいその画像が一度だけならまだしも、何度も何度も使われるとさすがにアラが目について仕方がなかった。やはりこの映画に欠如しているのはなんといっても現実性であり、どうも嘘っぽいうわべだけのリアリティしか見られない。戦争ごっこのような演技に我慢ならない思いがした。

この映画の見どころは米国の作戦を阻止し日本を守ろうとする男たちのドラマであるとある程度思われる。現実感の乏しい中、どれだけその世界へ入り込めるかがこの映画を楽しめるかそうでないかのポイントだろう。

追記(注意:ネタバレあります。)
俳優は豪華キャスティングで、どう考えても観客動員のことを重視しすぎである。それとは対照的な子供だましの画面。もしかしたら俳優陣を引き立てるためなのかもしれないがどうもいただけない。

映画の製作側はリアリティの追及よりもかっこいいことを狙って製作したそうだが、私にはかっこいいというよりも滑稽に見えた。戦争はもっと悲惨で鬼気迫るものと思うがまったくそんな気配は画面には漂っていなくて、残念の一言に尽きる。

それにしても秘密兵器「ローレライ」には驚いた。映画の中でその仕組みについて触れてはいたけれど、それでもいったいどんな仕組みなのだろうと思ってしまう。その兵器の一部となっている少女パウラ(香椎由宇)の背景なども個人的にはもう少し知りたかったかな。評判の原作小説『終戦のローレライ』にはいろいろと詳しく描かれているかもしれない。

こちらローレライ@映画生活にも『ローレライ』のレビュー・批評・感想があります。

監督:樋口真嗣
製作総指揮:島谷能成、関一由、千草宗一郎、大月俊倫
原作:福井晴敏
脚本:鈴木智
音楽:佐藤直紀
出演:役所広司、妻夫木聡、柳葉敏郎、香椎由宇、石黒賢
製作:2005年、日本
上映時間:128分


映画『ローレライ』に関連する本やサウンドトラック、DVDなどのご案内

映画『ローレライ』の関連書籍はこちらです
いろいろな関連本があります。映画よりも深く
『ローレライ』の世界が堪能できます。

ローレライ オリジナル・サウンドトラック
ヘイリーが歌う「モーツァルトの子守歌」も収録
されています。

モーツァルトの子守歌
これは、映画『ローレライ』の中で香椎由宇が口パク
していた曲です。実際はヘイリーが歌っています。

ローレライ DVD
映画『ローレライ』のDVDの発売は未定です。
リンク先より発売お知らせメールを受取ることもできます。

スポンサーサイト

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。