EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201706<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201708
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

原題:Pieces of April
監督・脚本:ピーター・ヘッジズ
製作総指揮:キャロライン・カプラン、ジョナサン・セリング、ジョン・スロス
音楽:ステフィン・メリット
出演:ケイティ・ホームズ、パトリシア・クラークソン、オリヴァー・プラット、デレク・ルーク、アリソン・ピル
製作:2003年、アメリカ
上映時間:80分
『エイプリルの七面鳥』公式サイト
『エイプリルの七面鳥』を上映している映画館は?
『エイプリルの七面鳥』ケイティ・ホームズ独占インタビュー

ストーリー
感謝祭の日の朝、ニューヨークに住むエイプリル(ケイティ・ホームズ)は感謝祭のディナーの準備に取り掛かる。エイプリルは故郷の母親ジョーイ(パトリシア・クラークソン)とは不仲で疎遠だった。しかし母親が癌で余命幾ばくもないと知り、家族をもてなすために初めて七面鳥のローストなどの手料理を準備し始める。そしてエイプリルは七面鳥をオーブンで焼こうとしたが、オーブンは故障していた。

レビュー
家族と離れてニューヨークで暮らすエイプリルが家族をもてなすために感謝祭のディナーを作る。不器用だけど一途に料理を作る健気でかわいいその姿に声援を送りたい。エイプリルの母親はエイプリルのことを出来の悪い不良娘と言うけれど、私にはそんな風には見えない女の子だった。エイプリルの怪しい包丁さばきはひやひやものだけど、私が一人暮らししたころもあんな風に怪しかったかもしれない。

感謝祭はアメリカ人にとってクリスマスの次に大きなイベント。そのイベントを通じてエイプリルはきっと今までのことをわびて母に感謝の意を示そうと思っていた。感謝祭のディナーにはエイプリルなりの感謝の気持ちがいっぱいいっぱい詰まっていて、見ていてとてもとても幸せな気分になる。

日本全国の解りあえない母と娘。そんな親子がこの映画を観たら明日からはきっと通じ合える。そんなふうに思わせてくれる映画。エイプリルの小粋なファッション、しみじみと心に響くサウンドが魅力的で映画にぴったりだ。(2005年2月13日サロンシネマ1で鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
映画では感謝祭のことをあまり知らない中国系住人にエイプリルは感謝祭の起源を話していた。その感謝祭については手短にこちらのサイト、アメリカ生活ドットネットにまとめられている。

最後、えっ!?みんなレストランで食事してエイプリルをほったらかしにするのかと思ったらちゃんと最後はみんな一緒にディナーとなってひと安心。しかも、もう家族は来ないと思ってエイプリルはアパートの住人を招待していたからずいぶんと賑やかでハッピーな感謝祭となり、私は温かい気持ちで一杯だった。

こちらエイプリルの七面鳥@映画生活にも感想・レビューなどあります。


映画『エイプリルの七面鳥』のDVDとサウンドトラックの紹介

エイプリルの七面鳥 DVD
エイプリルの七面鳥発売予定日は2005/04/21。ただいまamazonにて20%オフの販売価格で予約受付中です。
by G-Tools

Pieces of April サウンドトラック
Original Soundtrack
Pieces of April映画『エイプリルの七面鳥』で使われている素敵な音楽が詰まった30分ほどのサウンドトラックです。MAGNETIC FIELDSのStephin Merrittが手掛けています。リンク先のamazonで試聴可。
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/127-20b0f882
この記事へのトラックバック
岡山では最新でも、全国ではそうでもない最新映画の話し今まで家で暴れて、最後には家出までしたエイプリルところが母親が乳がんで余命いくばくも無いにない状態なるだから最後になるかもしれない感謝祭を家族みんなで祝う為に、みんなをアパートに招待する。今まで料理をし
2005/03/11(金) 18:37:53 | 鳥打さん家の美味しい日記
 『エイプリルの七面鳥』を観た。 久々の映画記事なんで緊張するなあ。(書かなすぎでした) 心が離れ離れになった家族の再生がメインテーマなので重い映画と思いきや、ものすごく温かみがあり切ない。母親との関係を修復しようと、感謝祭の日に作れもしない料...
2005/05/27(金) 00:32:29 | 僕の中の世界
観た後にちょっと幸せな気分になれる映画でした。 料理とは全く無縁そうなエイプリルが、オーブンが壊れてもめげずに、頑張り通すところなど、応援せずにはいられませんで
2005/07/29(金) 20:45:21 | タンタン24時

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。