EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201704<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201706
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

監督:新海誠
原作:新海誠
脚本:新海誠
音楽:天門
声の出演:吉岡秀隆、萩原聖人、南里侑香、石塚運昇、井上和彦
製作:2004年、日本
上映時間:91分
『雲のむこう、約束の場所』公式サイト
『雲のむこう、約束の場所』を上映している映画館は?

ストーリー
日本は戦争により南北に分断され、北海道はユニオンの占領下にあった。ユニオン領の北海道には途方もなく高く巨大な塔がそびえていた。米軍統治下の青森に住むヒロキ=藤沢浩紀(吉岡秀隆)とタクヤ=白川拓也(萩原聖人)はその国境のむこうにある塔まで自作の小型飛行機でたどり着くことを夢見ていた。ところがある日そんな二人を応援していた同級生のサユリ=沢渡佐由理(南里侑香)は突然転校し姿を消してしまう。

レビュー
このアニメーション映画は前作『ほしのこえ』でデビューした新海誠監督が前回同様に原作・脚本・監督・撮影・美術を手がけたという。前作『ほしのこえ』を私は観たことがないけれど、国内外で高い評価を得たという。

北海道が異国となってしまっている設定はなかなか面白いと思った。その北海道はどんなふうになっているのだろうかと想像力をかきたてられた。北海道の景色として塔の周囲だけしか映画では描かれていなかったけれど、個人的には北海道の人の暮らしぶりも作品に入れてくれたらもっと面白いと思う。

冒頭の国語の授業風景が印象的なこの映画は巷で言われている通り確かに詩的な雰囲気に溢れている。私自身の遠い昔の学校風景までもが懐かしく美しいものに思えてきた。また、あのヴァイオリンの音色がなぜか懐かしい気持ちにさせてくれる。

あの雲のむこうの塔はまさに憧れの象徴である。漠然と塔に憧れていたヒロキはいつしかサユリにも憧れを抱く。謎のナルコレプシーとなってしまったサユリを救おうとするヒロキの純粋な想いがみどころ。(2005年2月27日サロンシネマで鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
広島ではかなり遅れて上映されたにもかかわらず、今回新海誠監督の舞台挨拶が上映終了後にあった。そのためいつもはすいていることが多いサロンシネマが超満員だった。立ち見の人までいた。私は初めての2階席で鑑賞した。

なんだか難解そうな物理理論を並べて立てているところがいかにもティーンエイジ受けしそうだった。それから、文字を読んでいるのにすぐに次の画面に切り替わる場面が多かったような気がする。ラストはヒロキが塔に到達した時サユリが覚醒した。終わりとしてあれでよかったのだろうけれど、平行世界(漢字はこれでいいのでしょうか?)に飲み込まれたあの世界はどんな世界か気になるなあ。

あの巨塔は東京からも見えるトンデモナイしろもの。きっと、空想科学研究所の柳田理科雄さんの登場の場面だ。あの塔の高さは何キロメートルなのか、またその高さの建造物を造るには土地の広さが最低何平方キロメートル必要なのかという疑問に答えてくれるに違いない。(バカなこといってすみません。)

幸運にも監督と美術の丹治匠さんの舞台挨拶ではいろいろと作品にまつわるお話を直に聞くことができた。印象に残っていることは、「冬のソナタ」のヨン様吹き替えネタ。ペ・ヨンジュンの吹き替えの前から萩原聖人は『雲のむこう、約束の場所』の声優をやっていたことを熱心にお話してくれた。

こちら雲のむこう、約束の場所@映画生活にも『雲のむこう、約束の場所』のレビュー・批評・感想があります。


映画『雲のむこう、約束の場所』のDVDやサントラ、書籍のご案内

雲のむこう、約束の場所 DVD
アニメ:雲のむこう、約束の場所
雲のむこう、約束の場所
by G-Tools

雲のむこう、約束の場所 オリジナル・サウンドトラック(サントラ)
サウンドトラック
雲のむこう、約束の場所 オリジナル・サウンドトラック
by G-Tools

「雲のむこう、約束の場所」complete book
新海 誠
「雲のむこう、約束の場所」complete book
by G-Tools

雲のむこう、約束の場所 新海誠2002-2004
雲のむこう、約束の場所 新海誠2002-2004
by G-Tools

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/132-751cedc9
この記事へのトラックバック
見ました!「雲のむこう、約束の場所」あぁ評価が高いのが分かる気がする。一番の売りだと思う映像はめちゃめちゃきれい!アニメだからって甘く見ちゃダメですね。そしてDVDを見て音楽のよさにもびっくり。あぁだからサウンドトラックも売れてるんですね。このBLOGに「雲のむ
2005/03/25(金) 01:16:33 | へなちょこ出張所?
雲のむこう、約束の場所 AML Amazon Link ( http://jjjjjj.ddo.jp/app/S/aml_Index.html )
2005/03/25(金) 03:37:38 | AML Amazon Link
~ストーリー~ 日本を南北に分裂させた戦争が終わり。青森を米軍統治下にされていた時代。国境には、巨大な塔が聳え立っていた。塔は、時代が経つにつれ。畏怖、希望、夢、恐怖、諦めという様々な感情を人々に抱かせていた。そんな時代、藤沢ヒロキと白川タクヤの二人の少
2005/03/25(金) 16:05:10 | カラコメ~愛と平和と友情を求めて~‘‘映画や音楽をメインに’’
自主制作アニメ、「ほしのこえ」The voices of a distant s
2005/04/02(土) 18:53:35 | VINCO VOICE

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。