EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201703<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』公式サイト
『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』を上映している映画館は?

Beyond the Sea ストーリー
7歳の少年ボビーはリウマチ熱にかかり心臓を傷めてしまい、15歳までしか生きられないと医者は言う。しかし音楽に目覚めた青年となったボビー(ケヴィン・スペイシー)はニューヨークで音楽活動を始める。次々とヒット曲を出したボビーは1960年のイタリア、映画のロケの現場で16歳の女優サンドラ・ディー(ケイト・ボスワース)と出会う。

レビュー
音楽、俳優、司会と多方面に渡り活躍し37歳で夭逝したボビー・ダーリン。ボビー・ダーリンをずっと慕ってきたケヴィン・スペイシーは2000年にボビー・ダーリンの物語の映画化権を獲得した。そして、主演・監督・脚本・製作の4役をケヴィンは担当してこの映画を製作した。ちなみに『ビヨンド the シー』はボビー・ダーリンの曲の一つである。

この作品全体を通じてボビーが歌う曲はボビー役のケヴィン・スペイシーが自ら歌っている。ケヴィン自ら歌って踊ってボビーになりきるために4年間を費やしたとその演技はまさにボビー・ダーリンのようであるという。ボビー.ダーリンそのものを知らなくてもいろいろな曲やダンスを鑑賞でき、当時のエンタテイメントの世界の雰囲気を感じることができる。

ボビー・ダーリン本人の映像も作品に入れてあればさらに面白かったと思う。ボビー・ダーリンを知らない人にとって、そうすることで作品の膨らみは増すのではないだろうか。そしてケヴィン・スペイシーのこの作品は世界にボビーを思い出させるのに十分過ぎるだろう。(2005年3月15日サロンシネマで鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
この作品に出ずっぱりのケヴィン・スペイシーが演じるボビーは年齢的にはとても無理があるけれど、ケヴィンのボビーへの熱い想いがあればこそ成り立つ映画なのだからそこには少々目をつぶることにしておいた。

サンドラ・ディーを演じるケイト・ボスワースは『ブルー・クラッシュ』で見たときとは別人のセレブリティな美しさだった。でも『ブルー・クラッシュ』でサーフィンをしていたワイルドなケイト・ボスワースもとてもよかったなあと思う。

それにしてもボビー・ダーリン出生の秘密には驚いてしまった。実の姉と思っていた人が、ある日、実は母だったということになれば開いた口がふさがらないし、今まで慕っていた母が実は祖母だったらもう当事者のアイデンティティが崩壊してもおかしくはない。サザエさんに例えればカツオの姉さんが実はママみたいなものである。話がそれるが、私は幼いころカツオのママはサザエさんだと思っていたし、フネがおばあちゃんだと思っていた。そんなふうに思っていた人は他にもいませんか?

私の勘違いをもう一つ。映画『ネバーランド』に出ていた少年ピーター役の子が少年ボビー役で出ていると思ったら違っていた。ちょっと似てるような気がしたもので……。

こちらビヨンド the シー 夢見るように歌えば@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。

原題:Beyond the Sea
監督:ケヴィン・スペイシー
脚本:ケヴィン・スペイシー、ルイス・コリック
出演:ケヴィン・スペイシー、ケイト・ボスワース、ジョン・グッドマン、ボブ・ホスキンス、ブレンダ・ブレシン
製作年度:2004年
製作国:アメリカ/ドイツ/イギリス
上映時間:118分


映画『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』のサウンドトラックのご案内

Beyond the Sea (Original Soundtrack)
Beyond the Sea (Original Soundtrack)映画『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』の
サウンドトラックです。こちらは輸入盤CDになります。

ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば サウンドトラック(サントラ)
ビヨンドtheシー 夢見るように歌えば映画『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』のサウンドトラックです。
こちらは国内盤です。ケヴィン・スペイシーがボビー・ダーリンの曲を熱唱。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
はい!カツオの母親がサザエさんで、
祖母がフネさんだと思っていました(笑
サザエさんが姉だって知った時
衝撃だったな・・・
2005/03/31(木) 08:52:48 | URL | ジャス #-[ 編集]
ジャスさんへ
コメントありがとうございます。
ジャスさんも勘違いしていましたか。私はその事実を幼いころなかなか理解できませんでした。
もっとも、ボビー・ダーリンにとっては衝撃的過ぎる事実だったのでしょう。サザエさんのことにではなく、ボビーの母が祖母で、姉が母だったその事実にボビーは驚き、怒り、やがてそれを受容していきましたね。
苦しかったのはボビーだけではなく姉や他の家族も辛かっただろうなと思いました。
2005/04/01(金) 00:18:36 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/140-69e074c0
この記事へのトラックバック
3月1日(火)TOHOシネマズ木曽川にて今日は映画の日。TOHOシネマズ木曽川で『ビヨンド the シー ~夢見るように歌えば~』が始まったのだけれど、何と1日2回しか上映されず、レイトショーの設定がない。安く観ようとすればサービスデーを利用するしかないので、18
2005/03/27(日) 18:22:10 | 日々の記録と、コラムみたいなもの
映画「ビヨンド the シー」の感想です
2005/03/31(木) 08:51:05 | ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
  またひとつお気に入りのミュージカルが増えてしまった。 少年ボビー・ダーリンと大人のボビー・ダーリンが自らの物語を展開するという、普通の伝記映画とはちょっと違う構成。この映画を観るまではボビー・ダーリンという人物さえ知らなかったけど、タイトル曲だけは知っ
2005/05/18(水) 00:24:01 | ネタバレ映画館
BEYOND THE SEA(2004年 アメリカ/ドイツ/イギリス)2005/7/8@早稲田松竹50~60年代にかけて活躍した天才エンターテイナー、ボビー・ダーリンの生涯を映画化したミュージカル・ドラマ。最初に感想を言ってしまうと、結構おもしろかったです。ケヴィン・スペイシーって好
2005/07/09(土) 04:31:16 | befounddead

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。