EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201705<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『エターナル・サンシャイン』公式サイト
『エターナル・サンシャイン』を上映している映画館は?

エターナル・サンシャイン ストーリー
バレンタインデーも間近のころ、ジョエル(ジム・キャリー)は奇妙な手紙を受取る。その手紙には、「クレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)はジョエルの記憶を全て消し去りました。今後、彼女の過去について絶対触れないようにお願いします。ラクーナ社」と記されていた。ジョエルは喧嘩別れした恋人クレメンタインに自分のことを忘れられてしまった。失意のジョエルはクレメンタインに関する記憶消去をラクーナ社に依頼する。

レビュー
クレメンタインは喧嘩別れしたジョエルに関する一切の記憶を消去してしまった。その事実をジョエルはラクーナ社からの手紙で知る。失意のジョエルはラクーナ社に記憶の消去を依頼してしまうのである。単なる失恋ストーリーとは一味違う脚本がこの作品の一番の面白いところだろう。

人間の記憶の根源である脳から特定の記憶のみを消去していくとどうなるのか。記憶の消去過程にあるジョエルの脳内の映像化が実に興味深い。観客はこの映画でジョエルの脳内を探検することとなる。現実の世界とはかけ離れた脳内世界の超現実はジョエルの本当の気持ちを見事に描き出す。

恋人と喧嘩別れをしてしまうといったよくあるできごとをきっかけにはじまる物語。恋人クレメンタインを記憶から消そうとしたジョエルにきっと多くの人が運命の不思議さ、そして必然性を感じることになる。2005年アカデミー賞脚本賞受賞の脚本に振り回されないように時間軸のカギとなるクレメンタインの髪のカラーもよく見ておこう。(2005年3月19日リニューアルオープンしたてのシネツイン2で鑑賞)

追記(注意:ネタバレあります。)
うまく言えないけれどいい作品だった。おそらくそんな作品に該当するのではないだろうか。音楽とか、脳内風景の画像化とか、バラバラな時間軸とかそういったものが渾然一体となって味わい深い風合いを醸し出しているのだろう。

人が人たる拠り所の一つは高度な記憶能力にある。嫌なことも楽しかったこともかなり記憶しているのが人間である。人間というものの性質の一部を破壊することにより人間の本質を描き出しているのがこの作品である。記憶を消したのにそこにあたりまえのように存在するクレメンタインとジョエルの再会。これに似た不思議な運命がきっと多くの人にあって、今あるこの世界が構成されているのだろう。

ところで、ラクーナ社の社員によるジョエルの記憶消去作業は遊びなのか仕事なのかよくわからないその作業様子がおかしかった。ラクーナ社の受付嬢メアリー(キルスティン・ダンスト)のもう一つの記憶消去物語も不思議なものだった。

ちょっとここでいいお知らせ。ネタバレ映画館で知ったのだが、なんと記憶消去を行うラクーナ社が実在している。真偽の程はリンク先のラクーナ社のサイトでどうぞお確かめを。

こちらエターナル・サンシャイン@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。

原題:Eternal Sunshine of the Spotless Mind
監督:ミシェル・ゴンドリー
脚本:チャーリー・カウフマン
音楽:ジョン・ブライオン
出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド
製作年度:2004年
製作国:アメリカ
上映時間:107分


映画『エターナル・サンシャイン』のサウンドトラックやDVDのご案内

Eternal Sunshine of the Spotless Mind
Original Soundtrack
Eternal Sunshine of the Spotless Mindこちらは『エターナル・サンシャイン』のサウンドトラック(サントラ)の輸入盤です。リンク先で試聴できますのでどうぞお聞きください。

エターナル・サンシャイン サウンドトラック(サントラ)
エターナル・サンシャイン  サウンドトラックこちらは『エターナル・サンシャイン』のサウンドトラック(サントラ)の国内盤です。『エターナル・サンシャイン』公式サイトのBGM1に使われている曲 Eternal Flame が収録されています。輸入盤には収録されていないので Eternal Flame も聴きたい人はこちらがいいでしょう。

エターナル・サンシャイン DVD
エターナル・サンシャイン  DVD


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
キルステンとイライジャ
TBとご紹介ありがとうございます。
この映画はすごく良かったのですが、好きになれない部分が何箇所もあったために満点には絶対ならない映画・・・そんな気がしてきました。
脇役2人もそうなんですけど、クレメンタインの性格とか・・・評価に男女差があるような気がしてならないです。
2005/03/26(土) 17:45:08 | URL | kossy #YaTS71PM[ 編集]
コメントありがとうございました
キルスティン・ダンストらの行為への嫌悪感は、やはり「ヒトんちでナニやってんだお前ら!?」という常識からくる憤りですかね(笑)。ワインとか勝手に飲んでたような…

ケイト・ウィンスレットは、少しゴツイかなと。まぁ芯の通った役どころだったのでそれでも悪くはなかったんですが。ナタリー・ポートマンあたりがやってたらどうだったかなとも思いましたが、それはそれで「整いすぎ」とか思うんでしょうか。
2005/03/26(土) 20:59:58 | URL | ilovemovie-K #qPlMd8Jo[ 編集]
はじめまして
トラバありがとうございます。脳内風景の映像化、上手かったですね。このシーンが判りにくいと、せっかくよい脚本も台無しですからね。
2005/03/27(日) 03:02:23 | URL | カヌ #-[ 編集]
キルスティン
妙に媚うってて、すごく感じが悪かったのに
最後にその理由がわかって、そしてラストに繋がっていくところが
想像も出来なかった展開で驚きました。
彼女のテープを聴いてショックを受けてる姿が本当にかわいそうだった。
好きな女優さんじゃないのに!
2005/03/27(日) 17:40:17 | URL | chishi #-[ 編集]
kossyさんへ
コメントと参照記事ありがとうございました。
このクレメンタイン、性格はともかく体格が大きいなあと思っていました。もう少しひとまわり小柄な女優さんが個人的には好みです。
脇役の俳優もいろいろと言われているあたりにこの映画のキャスティングの面白さがあるみたいですね。
忘れたい恋愛がある人みんなに何かを感じ取れる映画だと思います。
ラクーナ社が本当にあれば危ないけれど面白いですね。
2005/03/28(月) 08:23:05 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
ilovemovie-Kさんへ
コメントどうもありがとうございます。

彼らの仕事のノリはまるで友達の家に遊びに来た悪友って感じでしたね。ドラッグらしきなにかをやっていたみたいではありましたけど。

ケイトは少しゴツイなあというのには僕も同意見ですね。
ナタリー・ポートマンって誰だっけて思い調べたら、そうそう、レオンに出ていたマチルダ役ですね。レオンから10年のもう大人の彼女。彼女でもいいかもしれませんね。
2005/03/28(月) 08:34:53 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
カヌさんへ
コメントお寄せいただきありがとうございます。

脳内風景を描くという部分はかなり製作者のセンスが出ると思います。画的にカウフマン的なのかゴンドリー的なのかはわかりませんが面白かったです。
脳内の記憶を消すって本当に考えたら面白いけど怖いなあと思います。特定の脳組織、あるいは領域の機能をいじるということは脳内全体に悪影響を及ぼしそう……。下手したらあらゆる脳領域で脳細胞が死んだりしそうです。僕は怖くてそんな手術は受けられないかな。
2005/03/28(月) 09:03:07 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
TBありがとうございます。
自分も上手くいえないですけど
なんとなく好きな作品です。
2005/03/28(月) 09:38:54 | URL | ジャス #-[ 編集]
chishiさんへ
コメントありがとうございます。
そうですね、そのかわいそうなキルスティンはなかなか面白い役でしたね。記憶を失くしても同じ人に惹かれるもう一つの例でした。彼女の演技はきっとよかったのでしょう。だからchishiさんもかわいそうと思ったのでしょうね。
それと、イライジャの役は本当イヤなヤツでしたね。クレメンタインの好みを知ることはできても結ばれなかったのは当然の結果でしょう。
そして、この映画はもしかしたら恋愛で結ばれるものは何があっても結ばれるということを伝えているような気もします。
2005/03/29(火) 08:06:47 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
ジャスさんへ
コメントありがとうございます。
好きな作品にめぐりあえるというのはいいものですよね。
ユニークな脚本、脳内情報の映像化でした。みごたえありましたね。
2005/03/29(火) 08:26:13 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/142-1f2ed1a9
この記事へのトラックバック
 ケイト・ウィンスレットがクレメンタインという役名だと知って、観る前から書こうと決めていました。「雪よ♪岩よ♪われらが宿り~♪」と日本で歌われる「雪山賛歌」だ!と・・・し、しかし、劇中でこのネタを先に言われてしまった・・・でも彼女が言ったのは『珍犬ハック
2005/03/26(土) 17:36:38 | ネタバレ映画館
Eternal Sunshine of the Spotless Mindミシェル・ゴンドリー監督作品(2004年・米)脚本: チャーリー・カウフマン出演: ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン・ダンスト、マーク・ラファロ、イライジャ・ウッド、トム・ウィルキンソン 他恋人クレメンタ
2005/03/26(土) 19:07:12 | CINEMA IN/OUT
エターナル・サンシャイン  2005/アメリカ  ★★★★監督 ミシェル・ゴンドリー出演 ジム・キャリー / ケイト・ウィンスレット / イライジャ・ウッド■あらすじ■ ジョエル(ジム・キャリー)は、最近衝突気味だった恋人のクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット
2005/03/26(土) 20:42:10 | Cinema-Absolutism
3月19日(土)TOHOシネマズ木曽川にてこの春、私が一番楽しみにしていた作品が、『エターナル・サンシャイン』。初日を待ってまで観たいと思う作品はめずらしい。初めて予告編を観た時から惹かれてはいたが、アカデミー賞で脚本賞を受賞したことで、いっそう期待は
2005/03/26(土) 23:59:56 | 日々の記録と、コラムみたいなもの
バレンタイン前に別れてしまったジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)。仲直りをしようとジョエルはバレンタインのプレゼントを持って彼女に会いに行くが、まるで知らない人にあったような態度をされ、しかも新しい彼氏までできていた。実
2005/03/27(日) 02:56:15 | the borderland
今月は見たい劇場公開作が多いなぁ。チネチッタでレンチャンで見てきた1本目。「マルコビッチの穴」のC・カウフマンがアカデミー賞の脚本賞取ってるしー、コメディ系のジム・キャリーが真面目な役やってそうだしー、こりゃ必見のラブ・ストーリー。2004年製作の107
2005/03/27(日) 03:42:41 | ひらりん的映画ブログ
これはおもしろい!『マルコヴィッチの穴』や、『ヒューマンネイチュア』を手がけた脚本家チャーリー・カウフマンが脚本・原案・製作総指揮を担当しているだけあってストーリーは奇想天外。でも、それだけで終わっていない所が見所。静かな音楽、映像が奇想天外なストーリ...
2005/03/27(日) 11:48:53 |  【インテリア&ライフ】 デザイナーズ家具、インテリア、雑貨...
この映画、10点満点なら貴方は何点と評価しますか?ご協力お願いします(^^)※自分が観に出かけて・・・・・・ ← 後 悔  /  満 足→                   0点□□□□□□□□□□10点※友達が見るか迷っていたら・・・←止める / 薦める
2005/03/27(日) 17:38:55 | 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
映画「エターナル・サンシャイン」の感想です
2005/03/28(月) 09:38:49 | ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
【好感度】 97% さよならの代わりに記憶を消した
2005/03/28(月) 14:23:09 | シネマの実
●脳というタイムマシンで遡行しながら恋人との日々を追体験して気づいた、かけがえのないもの●フィクションと映像の特性を最大限活かした日常ベースのリアリティとSFとの絶妙なバランス感覚をもったミステリー恋愛物語。
2005/03/29(火) 21:10:25 | わかりやすさとストーリー
「エターナル・サンシャイン」★★★★ジム・キャリー、ケイト・ウインスレット主演髪が緑だったり、ピンクのケイト・ウインスレット、饒舌でないジム・キャリー。もう何か面白いことが起こりそうな予感。こういう静かな興奮は、良い映画の条件のひとつ...
2005/04/03(日) 17:16:27 | soramove
>「エターナル・サンシャイン」脚本 チャリー・カウフマン(マルコヴィッチの穴)監督 ミシェル・ゴンドリー(ヒューマンネイチュア)CAST ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレットエターナル・サンシャイン試写会行ってきました。さすがアカデミー賞脚本
2005/04/04(月) 00:46:24 | ミチミチ
エターナル・サンシャイン『真の幸福は罪なき者に宿。忘却は許すこと。太陽の光に導かれ、無垢な祈りは神に受け入れられる。』(アレクサンダー・ボーブ)とても美しい響き、映画の題名はこの詩からとられているそうです。ジョエル(ジム・キャリー)は恋人クレメンタイン(
2005/04/05(火) 00:40:25 | shinuma de cinema (映画ネタバレの部屋)
失恋の痛みを知る、すべての人へ★★★★エターナル・サンシャイン★★★★ 監督・原案:ミシェル・ゴンドリー 製作総指揮・脚本・原案:チャーリー・カウフマン 出演:ジム・キャリー ケイト・ウィンスレット キルスティン・ダンスト イライジャ・ウッド トム・ウィル
2005/04/05(火) 10:48:15 | ★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...
『 エターナル・サンシャイン』の原題は『ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND』で直訳すれば「潔白な精神の永遠の日光」。それを邦題では簡略に『エターナル・サンシャイン(永遠の日光) 』としています。『エターナル・サンシャイン』は「マルコヴィッチの穴」のチャー
2005/04/07(木) 16:51:21 | 独身社会人映画ファンメーリングリストHP掲示板
今日も例によってネタバレ無しで感想を書きます。コレ観て判った。オレはやっぱり恋愛モノが大好きなんだ。つーことで、エターナル・サンシャインは普通の恋愛モノにはノレない人で、実は恋愛モノが好きな人は絶対に観るべき映画なのかもしれない。オレと趣味が合わなかっ...
2005/04/10(日) 20:52:32 | 好むと好まざるとにかかわらず
4月9日(土)TOHOシネマズ木曽川にて初日に観て「大好きな映画」の1本になり、絶対にもう一度は観に行きたいと思っていた『エターナル・サンシャイン』を、ようやくもう一度観に来ることが出来た。二度目なので、完全ネタバレで思いつくままに。時間軸が激し
2005/04/12(火) 00:31:38 | 日々の記録と、コラムみたいなもの
4/9 丸の内ピカデリーにて突拍子もない展開を楽しみながら仕舞には自分の過去の恋愛まで思い出してしまい…この作品には本当マイリマシタ。監督:ミシェル・ゴンドリー脚本:チャーリー・カウフマン出演:ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルステン・ダンスト、マ
2005/04/13(水) 11:11:39 | こだわりの館blog版
観てきました。最後はもうちょっとシンプルでも良かったんじゃないかな?とも思ったんだけど、中々面白かったです。人気脚本家の作品だけあって、出演者は脇役の人も含めて結構豪華。だけど、あくまで役のイメージに合った俳優さん達がキャスティングされているといった印象
2005/04/13(水) 13:07:02 | まる姫のボチボチ日記
別れた恋人との記憶を消す・・・きっと切なく哀しいラブ・ストーリーなんだと思って観にいくも、予想とは大違い。なんとも不可解な突拍子もない展開、時間の逆行、漫画チックな場面などかなりゴチャゴチャ感・・とはいえ、これぞ映画の醍醐味かと!けっして途中で眠く
2005/04/14(木) 00:26:11 | future world
アカデミー賞ですか。 最優秀脚本賞。 昨年は僕も出演している(!)ロスト・イン・
2005/04/15(金) 12:00:22 | 正しくも松枝日記
脚本賞受賞作だけあってアカデミー賞絡みでは最も期待していた「エターナル・サンシャイン」を観て来ました。(観たのは半月前ですが)★★★★ラブストーリーですが、縁とか運命といった事がテーマなので実は恋人同士軽い気持ちで観に行くと痛い目に合いそうな内容です(謎
2005/04/22(金) 01:31:53 | そーれりぽーと
いい加減、上映が終わってしまいそうなので、行ってきました。第77回アカデミー賞で脚本賞を受賞した「エターナル・サンシャイン」。今週から上映がスタートした東銀座のシネパトスで。銀座で一番さびれた映画館です(笑)。地下にあるから仕方ないのかもしれないけど、3つのう
2005/04/23(土) 23:24:49 | コソの出来事 2.0
試写会「エターナル★サンシャイン」開映18:30@よみうりホール「エターナル★サンシャイン」2004年 アメリカ配給=ギャガ・ヒューマックス脚本=チャーリー・カウフマン、監督=ミシェル・ゴンドリー出演=ジム・キャリー、ケイト・ウィンスレット、キルスティン
2005/04/24(日) 17:40:05 | こまったちゃんのきまぐれ感想記
実はこの作品のレビューに関して、自分の思っていることを全部書き記す為には、残念ながら現在の私では、英語力、映画知識力、撮影・編集技術解説力と、更には文章表現力が大いに欠如しているので無理である。だから、思ったことだけを羅列することにする。解釈の間違い等は
2005/05/30(月) 15:39:00 | 利用価値のない日々の雑学
↑Click Enlargeケイト・ウィンスレットは”タイタニック”じゃなくて”乙女の祈り”という映画を見て知ってから、顔つきがマドンナに似ていることもあって好きになった。今年エターナル・サンシャインという映画が公開されて、ジム・キャリーも好きだし見たかっ
2005/07/07(木) 11:11:49 | アナログで人物絵
出演: ジム・キャリー Jim Carrey    ケイト・ウィンスレット Kate Winslet OFFICIAL SITE<STORY>バレンタイン直前。プレゼントも用意してあったのに、ジョエル(ジム・キャリー)とクレメンタイン(ケイト・ウィンスレット)は破局してしまう。ジョエルがクレメ
2005/07/10(日) 17:32:55 | Lynneの映画館
いつも 『この映画、貴方は何点?』 にご協力いただきありがとうございます!今回ご報告させていただくのは、脚本チャーリー・カウフマン、ジム・キャリー主演の『エターナル・サンシャイン』です。この作品は大変お気に入りだという方が多くって、何度も劇場へ足を運んだ方
2005/07/21(木) 23:30:33 | 本と映画と音楽と・・・お酒が好き
 ”ケンカ別れした恋人の記憶を消してしまいたい”そんな気持ちなんて千尋は・・・・・超わかりますよ!{/hiyob_uru/}千尋も思ったりするよ{/hiyo_cry1/}・・・・って思わず日記に何書いてんの千尋?{/hiyo_face/}落ち着け{/face_acha/} とにかく非常に興味深かったエター
2005/11/03(木) 02:58:47 | 坂部千尋のsparrow diary
昨日、今日、DVDで映画を三本みたのですが、偶然、三本とも「記憶モノ」でした。ど
2005/12/27(火) 00:16:42 | 柴田祥の金沢八景芸術祭
『エターナル・サンシャイン』(今年2本目)公式サイト:http://eternalsunshine.gaga.ne.jp/原題:ETERNAL SUNSHINE OF THE SPOTLESS MIND製作:2004年アメリカ監督:ミシェル・ゴンドリー出演:ジム・キャリー/ケイト・ウィンスレット/キルスティン・ダンスト/イライ....
2006/01/21(土) 15:25:30 | honu☆のつぶやき ~映画に恋して~

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。