EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201705<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『サイドウェイ』公式サイト
『サイドウェイ』を上映している映画館は?

この作品は『アバウト・シュミット』のアレクサンダー・ペイン監督の作品で、第71回NY批評家協会賞、第30回LA批評家協会賞、第62回ゴールデン・グローブ、第77回アカデミー賞など数々の映画賞を受賞しています。アカデミー賞以外はすべて作品賞を受賞していることからも作品としての完成度が高く評価されているようです。LA批評家協会賞受賞を多部門に渡り受賞しているのは、カリフォルニアを舞台にしているからでしょうか。

高校で国語教師をしている作家志望のバツイチ独身男のマイルス(ポール・ジアマッティ)と落ちぶれた役者のジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)は二人でカリフォルニアのワイナリーを回るドライブ旅行をする。間もなく挙式するジャックの結婚祝いを兼ねたこの旅行で、マイルスはワインやゴルフを楽しみ、日ごろの晴れない気分を晴らそうとする。映画のはじめはこのような展開です。

日本人からみればワインを飲むしゃれた男の鼻につくようなロードムービーなのかなあと思いがちですがそうではないです。考えてみればワインはカリフォルニアではありふれたお酒ですからね。世界にカリフォルニアのワインの奥深さをもしかしたら伝えようとしているように感じました。旅の途中でマヤ(ヴァージニア・マドセン)とステファニー(サンドラ・オー)の二人の女性が登場し、二人の男はそれぞれのダメぶりを曝しながらぼろぼろになっていく展開をみせる滑稽な物語です。そして、ワイナリーを巡る旅の風景がなかなか心地いいものを感じさせてくれます。なんだか今すぐカリフォルニアまで行ってワイナリー巡りをしたくなりますね。中盤から盛り上がったこの物語、ラストは実にいい感じで終わってくれましたね。

私は30歳なのでもしかしたらマイルスを、ひいては映画を理解するには少し若すぎるかもしれません。30半ばを過ぎた人にちょうど合っているのかもしれないと思いました。しかし、映画を観終わったあとの感覚はなかなか良かったです。まあ、どちらかと言うと観客を選ぶ映画かも。1,000ドル以上はするかという61年物のシュヴァル・ブランも登場します。そしてこのワインが映画で持つ意味はとても大きかったように感じます。(2005年3月27日TOHOシネマズ緑井で鑑賞)

こちらサイドウェイ@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。

原題:Sideways
監督:アレクサンダー・ペイン
原作:レックス・ピケット
脚本 アレクサンダー・ペイン、ジム・テイラー
音楽:ロルフ・ケント
出演:ポール・ジアマッティ 、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー、メアリールイーズ・バーク
製作年度:2004年
製作国:アメリカ
上映時間:130分


映画『サイドウェイ』のサウンドトラックやDVDのご案内

「サイドウェイ」オリジナル・サウンドトラック
サントラ
「サイドウェイ」オリジナル・サウンドトラック
この作品のサウンドトラックです。これを聴きながらワインでもいかがでしょうか?

サイドウェイ DVD
サイドウェイ DVD


blogランキングへ
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
トラックバックありがとうございます。
おひさしぶりです。
この映画、とても楽しめましたね。
僕は最近、あまり映画館に行っている暇がなくて憂鬱です。
2005/04/03(日) 23:37:03 | URL | yas0233 #-[ 編集]
こんばんは
しっかりはまってしまいました、30代前半のカヌです。
2人のダメっぷりが魅力的でしたよ(^^;
2005/04/04(月) 00:03:51 | URL | カヌ #-[ 編集]
yas0233さんへ
yas0233さん、こんにちは。
お元気でしょうか。

僕も映画をなかなか観れなくて大変です。観れても記事を書く時間がなかなか……。時間をもっと効率的に使えればなあと思っています。
2005/04/05(火) 12:49:39 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
カヌさんへ
こんにちは。コメントありがとうございます。
いろいろおかしかったですね。マイルスの壊れっぷりに乾杯って感じです。我慢しきれず笑っている人いましたね。
2005/04/05(火) 12:55:59 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
万歳!映画パラダイスより
 はじめまして。ロスに3年半も住んでいながら、ワイナリー巡りをしなかったなんて…。悔やまれます。この映画のこと、やはり世代で随分受け止め方が違いますね。僕のブログもご覧いただけると幸いです。
2005/09/30(金) 14:51:49 | URL | 京野菜 #ziZJZWtk[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/145-be1a1ccc
この記事へのトラックバック
前略、元気ですか?今日もまた、映画を見て来ました。でも、どんな内容なのか、全くチェックしていませんでした。ただ、映画館の前のポスターをちらっと見たくらいです。だから、僕は全く違う想像をしていました。
2005/04/03(日) 23:19:42 | LM * The Letters about a MOVIE.
離婚から立ち直れない作家を目指す教師マイルス(ポール・ジアマッティ)が親友で1週間後に結婚予定の俳優ジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)と一緒に結婚祝いを兼ねた旅行に出掛ける。マイルスはワイン&ゴルフ、ジャックは独身最後に羽目を外しまくりたい。2人の
2005/04/04(月) 00:01:02 | the borderland
2004年 アメリカ=ハンガリー 130分監督 アレクサンダー・ペイン出演 ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー「サイドウェイ」公式サイト→ココストーリー人生と恋とワインをめぐるロード...
2005/04/04(月) 02:43:46 | ぺぺのつぶやき
低予算のわりにはいろんな賞を取ってる・・・って何かで読んだので見てみました。確かに、ゴールデン・グローブ賞では作品賞まで取ってる作品でした。今回は、TOHOシネマズのシネマイレージ特典(6回観ると1回タダ)で無料鑑賞してきました。240人くらい収容のスク
2005/04/04(月) 03:09:37 | ひらりん的映画ブログ
【好感度】 100% カリフォルニア,ワインロード 人生が熟成していく贅沢な寄り道…
2005/04/04(月) 12:42:18 | シネマの実
サイドウェイ  2005/アメリカ  ★★★★★監督 アレクサンダー・ペイン出演 ポール・ジアマッティ / トーマス・ヘイデン・チャーチ / バージニア・マドセン / サンドラ・オー 「一度しか言わないからよーく聞け。いいか…お願いだからこの映画を観て下さい!!」
2005/04/04(月) 18:16:42 | Cinema-Absolutism
ブコウスキーの言葉が引用されたり、エロ本のタイトルが「バーフライ」物書き、酒飲み、ダメ男、ヨレヨレ・・マイルズとブコウスキーがリンクする。どん底の男に、生きる希望が生まれ、人生を、やりなおす気持ちが湧いてくる。味わい深い役者さんが揃っていたし、その感情...
2005/04/07(木) 06:23:46 | こぶたのベイブウ映画日記
今日もゴジラが火を噴きましたね。技術的なことはよく分かりませんが、日本にいたときのタイミングの取り方に戻ってきたとの事。ボールを体の近くまで呼び込みバックスイングを大きく取れるようになったことが飛距離が伸びた原因のようですね。好不調の波が狭いゴジラのこと
2005/04/07(木) 18:02:32 | xina-shinのぷちシネマレビュー?
鑑賞日:05.03.24  場所:TOHOシネマズららぽーと船橋二人の中年男性が繰りひろげるちょっとコミカルで悲哀もあるロード・ムービーの快作。売れっ子俳優たちを起用せず、低予算作品でありながら、公開以来全米の批評家の絶賛を集めた。舞台はカリフォルニア州
2005/04/09(土) 10:05:56 | けちけちオヤジのお気楽ダイアリーズ
この映画を語るにあたり、ワインの話は欠かせないでしょう。ほろ苦いワインの渋みや香りになぞらえた訳ではではないでしょうが、1本1本に個性のあるワインと人それぞれの人生…なかなか良い例えに思えます。個性と言えば、本作のキャスティングは物語にBest Match!
2005/04/19(火) 23:45:01 | 0120 Blog
離婚して2年。 いまだショックから立ち直れない小説家志望の英語教師マイルス。
2005/04/30(土) 14:54:19 | 映画の話をしませんか?
サイドウエイという地味な映画を遅ればせながらみた。今年の{{1761,アカデミー}}の最優秀脚色賞を受賞した作品で気になっていた。この映画の主人公のように、この作品の脚本家はこの作
2005/05/06(金) 00:20:39 | billabong
ワインを飲みながら”大人の”恋しませんか?あなたは何を背負って生きてますか?ごく普通の男が一番ほしかったものとは?●特にこんな人にお薦め-前回の失恋から立ち直れてない人-”大人の”恋をしている人-ワインが好きな人人気映画・TVBLOG←今日の
2005/05/13(金) 22:34:13 | 映画の花道
サイドウェイズ監督:アレクサンダー・ペイン出演:ポール・ジアマッティ   トーマス・ヘイデン・チャーチあらすじ:離婚のショックを引きずり続ける小説家志望の国語教師・マイルスと、一週間後に結婚を控える元俳優・ジャックはふたりで旅にでた。ワインフリークのマイ
2005/06/04(土) 11:09:25 | 音楽/映画/小説/メディア全般ブログ 「Cut the Kids in Half」
何ヶ月か前に書いた記事ですが、面白い映画なのでアップします。基本情報アカデミー最優秀脚色賞受賞出演:ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ監督:アレクサンダー・ペイン(アバウトシュミット)脚本:ジム・テイラー、アレクサンダー・ペイ
2005/06/26(日) 08:24:44 | Production Rif-Raf
 先日「シンデレラマン」を観た時、トレーナー役のポール・ジアマッティがいい味を出していた。それで思い出したのが彼が主演している「サイドウェイ」。初春に公開された時、観ようとして、チャンスを逃していた。興行成績が不振だったのだろう、アッという間に上映が終わ.
2005/09/30(金) 14:47:46 | 万歳!映画パラダイス~京都ほろ酔い日記
監督:アレクサンダー・ペイン出演:ポール・ジアマッティ、トーマス・ヘイデン・チャーチ、ヴァージニア・マドセン、サンドラ・オー   評価:96点(100点満点)公式サイト楽しかった。こんなにニコニコしながら映画を見たのは久しぶりかも...
2005/10/15(土) 01:40:58 | デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと)
さるおです。 『SIDEWAYS/サイドウェイ』を観たよ。 全米で2004年の映画賞を席巻した話題作なんだけど、脚本でオスカーも獲ってる作品なんだけど、そんなことよりひたすらワインが飲みたくなる映画です。 監督は、熟年一人旅『ABOUT SCHMIDT/アバウト・シュミット』でしみ
2005/11/12(土) 16:35:40 | さるおの日刊ヨタばなし★スターメンバー
●映画の満足度・・・★★★★★★★☆☆☆7点自分はお酒を全く飲まないのですが、ワインを雄弁に語るマイルスの話を聞いて、「ふーん、そんなに違うんだぁ。」と感心してしまいました。基本的に登場する人物が、みんなワイン好きで詳しいんです。ですから、ワイン好...
2006/01/09(月) 11:18:07 | I Love Movie!【ホームシアター映画日記】

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。