EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201707<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

『阿修羅城の瞳』公式サイト
『阿修羅城の瞳』を上映している映画館は?

映画『阿修羅城の瞳』を観てきました。映画『阿修羅城の瞳』は、劇団☆新感線による舞台での『阿修羅城の瞳』をベースにして映画化された作品です。私は劇団☆新感線の舞台を一度も観たことがないのです。そういうわけでこれから書くことは基本的に映画だけのことを書いていきます。

文化文政の時代の江戸を舞台に物語は始まる。江戸の町には鬼の住む場所があり、鬼を討ち払う「鬼御門」という組織があった。「鬼御門」の病葉出門(市川染五郎)はスゴ腕を振るい鬼を退治していたが、あるできごとをきっかけに「鬼御門」を離れ、舞台役者として四世鶴屋南北(小日向文世)の一座へ入る。一座へ入り五年経ったころ、出門は謎の女、つばき(宮沢りえ)と出会う。

映画の印象はなんといったらいいんでしょう。ゲームにすると面白そうな映画だなあと思いました。鬼を切ると蛍光グリーンの体液が飛び散るんですよ。なんで蛍光グリーンなんでしょうね。ゲームにした時グリーンだと残酷な感じが少ないからかもしれません。鬼の体内にはおそらくグリーンスライムでも入っているんでしょう。様々なCGを活用しているせいもありゲームっぽさ満点です。「さあ、きみは阿修羅城にたどり着けるか」なんてね。

この作品の滅茶苦茶というか荒唐無稽なところもそれなりに楽しみながら眺めていました。つばきと出門の逢瀬も四世鶴屋南北の気分で眺めていました。でも映画としてみるとよくできているとは言い難い気がします。雑なCG、全般的にちぐはぐな演技、宮沢りえのゆっくりチャンバラなど気になったものは一杯あります。一番残念だったのは個人的につばきの変身を楽しみにしていたのにあまり大したものではなかったこと。つばきの変身まではまあまあ満足して観れたのですが、それ以降は満足できないものでしたね。切ないと思われるラストがあまり切なくなかったのも残念です。ゲームオーバーって感じでした。ゲーム的な雰囲気があると先ほど書きましたが、子供向け番組のヒーロー物のような雰囲気もありました。舞台はもっと面白いのかもしれないと思います。(2005年4月12日広島松竹東洋座/広島名画座で鑑賞。RCC試写会でした。)

阿修羅城の瞳@映画生活にもレビュー・批評・感想があります。
blogランキング(映画)

監督:滝田洋二郎
原作:中島かずき
脚本:戸田山雅司、川口晴
音楽:菅野よう子
出演:市川染五郎(七代目)、宮沢りえ、大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄
製作年度:2005年
製作国:日本
上映時間:119分


映画『阿修羅城の瞳』のサウンドトラックや書籍のご案内

阿修羅城の瞳 サウンドトラック
阿修羅城の瞳 サウンドトラック

A SHU RA―ストーリー・オブ・ザ・ムービー阿修羅城の瞳 本
出水 秋成
A SHU RA―ストーリー・オブ・ザ・ムービー阿修羅城の瞳
映画『阿修羅城の瞳』を完全小説化。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
こんにちは。
前半は満足、後半はもっとがんばれっていうような意見が多いみたいですね。舞台が3時間を超えるお話なので、映画では、後半スジをたどるだけでせいいっぱいだったのかもしれませんね。
2005/04/18(月) 21:23:43 | URL | ちゅん #MBBbnfoc[ 編集]
こんばんは
ツバキの変身以降、盛り上がりも無く終わってしまいましたね。阿修羅像の顔はめ込みは、キツかった(^^;
2005/04/18(月) 21:27:41 | URL | カヌ #-[ 編集]
ちゅん様へ
こんにちは。コメントありがとうございます。
舞台では3時間を越えるのですか。それだと確かに映画『阿修羅城の瞳』は時間が短いですね。話の面白さに必要な何かが省かれていたのかもしれないですね。
2005/04/19(火) 06:18:43 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
カヌ様へ
コメントありがとうございます。

つばきの変身以降は確かに盛り上がりに欠けましたね。ハメコミは確かにキツかったです。30分ヒーローモノ番組レベルの雰囲気がありました。
2005/04/19(火) 06:22:41 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
ん~~~~。。。。。
こんばんは!
TBいただき有難うございます。
ダメでしたね~コレでは。
滝田さん、ガックシでした。
元々、染さんは二代共、歌舞伎舞台はパスしたい方なので、映画はどーかと思ったですが、小生はイカンかったです。吉衛門の方がエエな~(あ、違うか)。
宮沢りえ、小日向さん、勿体ない使い方をしているですよ。もっともっと演れといわれリャどれだけだって演れるのにね~。
お好きな方には申し訳ないです。

2005/04/19(火) 19:47:59 | URL | ツボヤキ #r6uSoc5A[ 編集]
ツボヤキ様へ
ツボヤキ様へ
コメントありがとうございます。いつもいつもツボヤキさんのサイトはすごいなあと思い見ています。

役者の演技をみる目が不十分な私でも演技がぱっとしないなあと思いました。ツボヤキ
さんはかなり目が肥えていそうなのでおっしゃることはもっともだと思います。小日向さん存在感ありましたね。もったいないと思います。
2005/04/20(水) 18:08:52 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2005/04/23(土) 02:50:39 | | #[ 編集]
後半がっくり
評判が今ひとつだった割に映画館はかなりいっぱい。前半の特に江戸の不夜城っぽい妖しい雰囲気などは気に入って、「なかなかやるじゃないの」と見ていました。でも、NOVさんと同じく後半だめだめで・・・特にりえちゃんの変身後の姿はありえないって!(涙)
2005/04/28(木) 00:31:47 | URL | ももママ #-[ 編集]
TB、ありがとうございます
昨日は突然TBしまして
失礼しました。
前半は楽しめましたが、
後半の大仏化はきつかったです。
2005/04/28(木) 23:07:48 | URL | 理恵 #-[ 編集]
ももママ様へ
こんにちは。コメントありがとうございます。

評判の割には映画館のお客は結構いたんですか。私は試写会だったのでもちろん一杯でした。
前半はまだいい感じでしたが、後半はいろいろぼやけてきて表現しきれていない気がしました。阿修羅城のりえちゃんですが、デカイ顔のはめ込み画像が特に苦笑ものでした。
2005/04/29(金) 22:22:20 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
理恵様へ
はじめまして。
どうぞ遠慮なく関連していたらトラックバックしてください。
大仏みたいな阿修羅はきつかったです。子ども向け番組の仕上がりでしたね。
2005/04/29(金) 22:35:59 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/150-97266d07
この記事へのトラックバック
2005年 日本 119分監督 滝田洋二郎原作 中島かずき出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、内藤剛志、渡部篤郎「阿修羅城の瞳」公式サイト→ココストーリー江戸時代が舞台。人の世を滅ぼし、世の中を征服しようとする鬼たち...
2005/04/17(日) 22:06:09 | ぺぺのつぶやき
2005/04/18(月) 14:03:52 | ★☆★風景写真blog★☆★Happiness inf...
劇団新感線の同名人気舞台の映画化。試写会で見てきました。「阿修羅城の瞳」は、ひと
2005/04/18(月) 21:21:13 | Chun::Loop
初日16日(土)しかレイトショーやってないので時間合わせて見に行ったら、財布忘れたのを電車の中で気付いて、阪神梅田のかの有名なミックスジュースだけ飲んで帰りました・・・ 小銭入れと定期は持っていたので気付かなかったんです(^^; 自分のアホさ加減に疲れが
2005/04/18(月) 21:24:44 | the borderland
試写会「阿修羅城の瞳」開映18:30@イイノホール「阿修羅城の瞳」2005年 日本配給:松竹監督:滝田洋二郎原作:中島かずき(劇団☆新感線)出演:市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内藤剛志、   大倉孝二、皆川猿時、二反田雅澄、桑原
2005/04/18(月) 21:33:36 | こまったちゃんのきまぐれ感想記
ヤマハホール。劇団☆新感線と松竹のコラボレイト舞台を映画化した「阿修羅城の瞳」。舞台の段階から松竹とコラボレイトしていたと言う事は、まず映画化ありきの企画だったのだろうけれど、映画を観た感想は、お芝居と歌舞伎、映画のいいとこ取りして訳わからなくなってしま
2005/04/18(月) 22:10:35 | 試写会帰りに。
舞台で好評だった作品の映画化。『魔界転生』チックな雰囲気と歌舞伎の見得が目を惹く。しかし、宮沢りえもすっかり老けたなあ。「三井のリハウス」の頃の初々しかった時代と比べると別人だよ。ファースト写真集『Pour Amitie(プール・アミティエ)』を買った私が
2005/04/19(火) 00:06:55 | イヌマル雑記帳
映画「阿修羅城の瞳」の感想です
2005/04/19(火) 08:43:33 | ジャスの部屋 -いん ぶろぐ-
 「おもしれえ!面白すぎる!」と言う南北(小日向文世)が面白すぎた。 せをはやみ いはにせかるる たきがはの われてもすゑに あはむとぞおもふ・・・ 百人一首は苦手だが、苦手な人のために「“せ”で始まる句は一つしかないからこれを覚えておくといい」、という言葉
2005/04/19(火) 11:11:31 | ネタバレ映画館
■阿修羅城の瞳●映画「阿修羅城の瞳」は、宮沢りえと小日向文世を観に行けば、良いと思う。これは舞台で若い観客に持て囃された作品の映画化であるから、ネタばれも少々なれば許されよう。鬼の住み着く下界、鬼を退治する鬼殺し出門とある女盗賊つばきの出会いが阿修羅誕生
2005/04/19(火) 19:42:36 | ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY
「コンスタンティン」が悪魔退治ならこちらは鬼退治絡みの映画。元ネタが劇団☆新感線の人気舞台の映画化とのことだけど残念ながら元ネタの方は未見。なので映画版と比較のしようがないけど若干ストーリー的にサクサクっと進んで行った感はあったけどかなりオモシロ
2005/04/20(水) 16:24:52 | Saturday In The Park
監督 : 滝田洋二郎主演 : 市川染五郎/宮沢りえ/小日向文世      / 内藤剛志/渡部篤郎/樋口可南子 /公式HP:http://www.ashurajo.com 時は文化文政の江戸の世。人の姿を借りた鬼が人を食らうと言う・・・・幕府は、「 鬼御門 」と呼ばれる組織を結成し江戸...
2005/04/20(水) 22:59:09 | MoonDreamWorks
劇団☆新感線で上演され大ヒットした同名の舞台劇を映画化。予告を見て面白そうだったので「インファナル・アフェアⅢ 終極無間」 見たあと、続けざまに鑑賞。2005年日本製作のロマンス・アクション・時代劇、130分。あらすじ江戸時代・・・平穏そうな町にも人間の姿
2005/04/21(木) 02:48:05 | ひらりん的映画ブログ
もともと歌舞伎が好きなので、市川染五郎の映画の中での歌舞伎役者としての姿と、渡部篤郎の「ははは~」と嗤いながらばっさりと躊躇せずに刀を振り回す姿で、他の事は忘れてしまいた~い篤郎はよかったよ、うんうん。ケイゾクの真山並に狂気がにじみ出てたこの人、ほんと良
2005/04/26(火) 00:27:47 | angle cafe*
TBありがとうございます。これでうまく送れたでしょうか?
2005/04/26(火) 09:59:45 | 映画大好き!
大仏さんが 「お待ち申しておりました出門殿」舞台と比較してはいけない別物と割り切り、見に行ったはずの 阿修羅城の瞳宮沢りえさん扮する "つばき" (翼アル鬼トカキテ "ツバキ" ト読ム)が阿修羅王に転生すれば巨大化して大仏さんに!顔は宮沢り
2005/04/27(水) 21:31:09 | スリジャヤワルダナプラコッテ(仮)
大阪の劇団・新感線の舞台を映画化した。ハリウッドとは一味ちがうエンターテイメントを目指し、主役は舞台と同じ市川染五郎がいい男ぶりを存分に見せる。{/face_heart/}監督 滝田洋二郎原作 中島かずき出演 市川染五郎、宮沢りえ、樋口可南子、小日向文世、渡部篤郎、内
2005/04/28(木) 00:46:29 | ももママの心のblog
火曜日に観に行ったのですが、なんと114席ある劇場で、観客はalexたった一人、
2005/04/28(木) 10:09:02 | Cinema,British Actors
まとまりと盛り上がりに欠け,最後まで入り込めなかった・・ので,勝手にストーリー考案。(怒っちゃやーよ)
2005/04/28(木) 10:44:38 | Akira's VOICE
International title:Blood gets in your eyes『文化文政の江戸の町には人の姿を借りた魔物が潜んでいた。そんな魔物退治のために結成されたのが、「鬼御門」という組織。かつて鬼御門で「鬼殺し」と怖れられる腕利きだったが、今は舞台役者として活躍していた病葉出門...
2005/04/29(金) 23:06:13 | なおのオススメ文芸。
 血を浴びた肩の疼きに逆らえず 燃えて染まりて舞う椿かな・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・★★★☆ 2005 日本 監督:滝田洋二郎阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る…前知識な
2005/05/05(木) 10:14:06 | 映画短歌・せんかいへき blog
>('05日)監督:滝田洋二郎 原作:中島かずき出演:市川染五郎/宮沢りえ/渡部篤郎/樋口可南子/小日向文世/大倉孝二/皆川猿時劇団☆新感線の舞台『阿修羅城の瞳』はDVDも含め観ていないので、映画になったのなら、しかも舞台と同じ染五郎主演とくれば観るしか
2005/05/05(木) 14:46:34 | Favorite
『バッド・エデュケーション』(2004/スペイン/ペドロ・アルモドバル) 『阿修羅城の瞳』(2005/日本/滝田洋二郎) Text By 鮫島 サメ子 鈴木清順監督ならずとも、「別嬪さん」と「色男」が出る映画はマコトに良いものです。つか、何が悲しくてカネ払って不細工見なくちゃい
2005/05/07(土) 12:25:05 | I N T R O+blog
阿修羅目覚める時、逆しまの天空に不落の城浮かび、現し世は魔界に還る――好き度:★★☆思った以上に平凡な作品。元ネタは劇団新感線の同名舞台であると聞いていて、それを意識しすぎたせいかもしれませんが、「オペラ座の怪人」に引き続きいまいち映画用に再構成されていな
2005/05/08(日) 00:27:44 | PICO*THEATRE
Ĺ???μ????????α???????ä?Ż?ĤĤ?ä??ä??????Ū??ΰ???????褦?????Ρ????ľ褦???Τ???ŤŸ???α?θ????Τ??ä?褦?å?????ä??Υ???????Τ褦?å??Τ?礦??????å??ã???Τ??λ??äΤ????礦??Σã?????Į????????ã???????ä????λ???????????
2005/05/08(日) 07:16:45 | 帰ってきた新作映画を観て紹介する人柱的ブログ
ミニシアター系などに関心なく、古い名作傑作にも興味なく、メジャー系映画中心に年間10~20本程度映画を楽しむ人がいたとする。そういう人は当然ハリウッド映画鑑賞がメインとなり、日本映画は年間4~5本観る程度だろう。そのうちの1本として、この「阿修羅城の瞳」を選んで
2005/05/10(火) 01:41:37 | 自主映画制作工房Stud!o Yunfat 映評のページ
VFXアクション・ホラー時代劇! ★ストーリー 『文化文政の江戸。かつて、人を食らう鬼を斬る「鬼御門」の副長だった病葉出門(市川染五郎)は、今は江戸随一の人気を誇る舞台役者として活躍していた。ある日出門は、江戸を賑わす盗賊団の一員、つばき(宮沢りえ)と出会う。
2005/05/17(火) 00:30:04 | 一年で365本ひたすら映画を見まくる日記
『陰陽師』シリーズや『壬生義士伝』で、時代劇では手堅い演出をみせてくれた滝田洋二郎のことだから、今回
2005/05/21(土) 10:17:17 | シネクリシェ
ぽ「・・・ぁぃ・・・もしもしぃ・・・」 13時に友達の電話で起こされた。 ...
2005/07/03(日) 05:16:50 | 舞風満帆
阿修羅城の瞳劇団☆新感線の舞台の映画化なんだ。例によって、なにも知らずに見たんだケド、時代、ストーリーは、あたしのツボ。でも、愛を描きすぎでした。それから、セリフ回しは、違和感なかったんだケド、セット、SFXが、、、この手の映画では、その昔のバンダ....
2005/11/12(土) 03:28:23 | 猫姫じゃ
阿修羅城の瞳久々に出会った当たり!の邦画かなり新感線風味に仕上がっているがホントにいい作品!これには正直マイッタぁまず、BGMがハマっています。インディア風、ロックそしてSTING。カッコ良すぎてやばいです衣装やセット。エフェクトは劇団☆新感線味がでまくりです舞
2005/12/06(火) 18:19:06 | Dazzling M
渡部篤郎は、かなり独特の雰囲気を持った俳優さんである。作品は、ケイゾクを筆頭に、永遠の仔、ラビリンスなどを視聴してきたが、独特の雰囲気が強すぎてどの役をやっても、いい意味でも悪い意味でも渡部篤郎だと思う。
2005/12/18(日) 02:54:06 | 芸能人・マスメディア多事争論

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。