EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201710<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
免税店でおみやげを買ったあと私たちはニュージーランド出国審査を通過しないといけなかった。すぐに終わるだろうと高をくくっていたら、そこには出国審査を待つ長い列(百人以上はいただろう)があった。

私(おそらく妻も)はしまったと思った。なぜなら、飛行機の出発時刻まであと20分足らずだ。はたして間に合うのか非常に不安になった。私が不安になってもこの長い行列が速くなくなるわけではないので、できるだけ落ち着いて私たちの出国審査の順番を待っていた。

私たちの列の前にいた東洋人の母子は、行列を追い抜いて出国審査を受けようとした。よくそんなことをするなあと思って見ていたら、案の定、周りの旅行者は後ろへ戻るように厳しい口調でその親子に言った。嫌そうに列の後ろへ戻る母とその息子。私たちの前にいたのに結果として私と妻の後ろに並ぶはめになった。そんな彼らの気持ちはわかるが、私たちだってできるだけすぐ審査を受けたいのだ。

出国審査が終わり、荷物検査を私たちは受け、免税品受け取り場所へ行った。ここで免税品を受取るのだが、こんな時に限ってなかなか品物を渡してくれない。おそらく3分くらい待って渡されたが、私はなんだか10分以上待ったように感じた。

飛行機出発案内の画面を見ると、私たちが乗る予定の便は「GATE Closed(搭乗終了)」とあった。
「マジかよ!」と私は驚いて叫んだ。「とにかく、急ごう」
 私と妻は走って搭乗口へ向かった。
「おお、あなたたちですか?タイ国際航空に乗るのは」と空港係員が私たちに言う。
「そ、そ、そう」と声にならない声で私は答えた。
空港係員と私たちは3人で一緒に走った。彼は一度違うゲートに案内しそうになった(彼も慌てていたのだろう)が、間違いに気付き正しいゲートに私たちを案内した。

すでに締まっているドアを彼は開けて、私たちはボーディングブリッジを駆け抜け、無事になんとか搭乗できた。搭乗手続きが済めば置いて行かれることは無いと聞いているものの、それが本当かどうかわからないし、実際、乗客が現れなかったら飛行機は行ってしまうだろう。皆さん搭乗に遅れてすみませんと心の中で思いながら私は座席まで歩いた。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/20-1f7526af
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。