EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201710<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
昨日、日産のディーラーに行きティーダを試乗した。しかもそのティーダはフツウのティーダではなくティーダアクシスだった。

運転席に座りシートポジションを合わせる。シート背面調節のレバーやシート高の調節レバー類は大体運転席の右側にあることが多いが、ティーダでは左側にあった。私はシートの前後の位置も調節した。

このティーダアクシスの内装はシートがレザー張りでインストルメントパネルの部分は木目調パネルになっている。一見豪華であり、私が乗るにはまだ若すぎるかなと思ってしまう。リアシートに座ってみると足に余裕があった。リアシートにはリクライニング機構も付いている。くつろげそうだ。

パーキングブレーキがフットレストの近くにあり、それを解除して車を発進させた。新開発のオールアルミエンジンは私の実感ではかなりおとなしい音だった。CVTのなめらかな加速はCVT初体験の私には不思議な感覚だった。ハンドリングは軽く、街中での試乗なので100kmは出せなかったが、100km程度の高速運転時の安定感はアクセラに劣るかもしれない。

かつて試乗したアクセラ20Cとくらべると運転感覚はかなり違った。大雑把に言うとアクセラは地を這うように進みハンドルの感覚はティーダよりずっと重い。高速では安定して走れそうだ。ティーダはなめらかに走りハンドル感覚は軽かった。高速ではやや不安があるが、街乗りし、気軽に移動するのにはティーダのほうが良さそうだ。
 
たかだか数キロの試乗で感じたことなので、長く乗るとまた印象は違うのかもしれないということをひとこと付け加えさせていただきたい。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/22-1bf7ec72
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。