EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201707<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

はるばる日本からロトルアまで来たので、マオリ族のショーは見ることにしようかと考えていた。ロトルアでいくつかの場所でのマオリ族のショーが行われている。
客室のテーブルの上に、このホテルでマオリ族ショーがあるという案内が書かれた三角柱型の広告があった。ホテルのフロントにそのショーについて客室から電話で問い合わせると、今日は、ショーはないとのことであった。

私と妻はフロントまで行き、旅行ガイドブックをチェックインした時と同じ女性に見せながら、どのショーがいいかを尋ねた。彼女は私に、タマキ・マオリヴィレッジのショーが最もいいと教えてくれた。彼女はそこのパンフレットを私たちに見せてくれた。
そのパンフレットには、プリミティヴなタトゥメイクの顔の男の写真があった。そのツアーは送迎バスがホテルまで来て、私たちをマオリヴィレッジまで連れて行き、そこで客は様々なショーを見て、ハンギと呼ばれるディナーをいただくという流れになっている。

そのショーが見るに値するかどうかは結局行ってみないと分からない、いや、行っても分からないかもしれない。そうは言うものの、どことなく引かれるものがあったし、ニュージーランドらしいものを見たかったので、私たちはそのショーの申し込みを彼女にお願いした。
彼女はやや億劫そうにタマキのマオリ族ディナーショーを予約した。予約手続きが終わると、彼女は、私たちに7時前にロビー集合ということを伝えた。私と妻は7時の集合まで客室でくつろぐことにした。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/55-1c853340
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。