EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201703<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

ロトルアは温泉とマオリ族の文化で広く世界に知られている。私と妻はそのロトルアへ夕方4時過ぎに到着した。いくつかのホテルを回ったあと、バスはホテルミレニアムロトルアで停車。そこで私たちは荷物を持ってバスを下車した。
外はイオウのアロマがあたり一帯に漂っていた。あまりいい香りではないなと感じたが、慣れるといいニオイなのかもしれない。

まずは、チェックインした。神経質そうなメガネをかけた女性受付が無表情に対応した。その無表情はいささか私を緊張させた。滞りなくチェックインがすむと、客室のカギを受取り私たちは客室に向かった。

私たちはエレベーターで4階の客室に向かった。ところがあるはず(と思っていた)の客室が見当たらない……。これは、どうしたことかと考えながら、フロントでの受付女性のセリフを思い出した。
「『トンネルを越えてからエレベーターを……』ってたしか言ってたよなあ」と私は呟いた。

まずは1階へ降りてから私と妻は別の道を探した。エレベーターを降りて左側へ進むと屋根のある渡り廊下があった。
「そうか、これがトンネルだったんだ」と驚いたように私は言った。
トンネルみたいな渡り廊下をくぐり抜けるとまたエレベーターがあった。それに、私たちは乗り、4階へ移動した。4階には、探し求めていた客室があった。「あったよね、よかった」と私と妻は喜んでしまった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/56-191742a0
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。