EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201705<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201707
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

そちらへ歩くとやはりフロントだった。私はチェックインの手続きをする。フロントスタッフの差し出す紙にサインをしたり、スタッフにクレジットカードを提示したりして、それからスタッフはホテル客室のカード型キーを2枚私に渡した。

客室はブルーをベースにコーディネイトされていた。そのコーディネイトはどこかしらオークランド空港の青色を私に思い起こさせた。

部屋で私はニュージーランドのガイドブックをみたり、ホテルの案内書を読んだりして情報にざっと目を通した。そして、客室に置いてあった湯沸しポットとティーバッグで紅茶を二人分入れた。

「ありがとう」と妻は言い、紅茶の入ったカップに口を付けた。

私と妻は両替をする必要があったので、両替をしてから散歩をすることにした。

スカイシティの建物から外へ出て、私と妻は坂を下りて歩いていた。しばらくすると『The National Bank』という銀行を見つけた。グリーンの背景に馬のマークが印象的な銀行の看板だった。

私たち銀行の中へ入った。典型的な日本の銀行よりはなんとなく開放的なつくりで堅苦しい雰囲気が少ないような気がした。なぜなら、そこにはピアスをした行員や髪の一部が赤色をしている行員がいたからかもしれない。銀行顧客の列に並んで私は一万円札をニュージーランドドルに両替してもらった。

両替を終えてそれから街をさまよった。なるべく人が多くにぎわっているところを散策した。交差点に立っている通りの標識を見るとクイーン・ストリートと書いてあった。

街の中の人々はかなり東洋人の割合が多く、人々の雰囲気、店の看板などから考えると、私は中国や韓国語を話す人がこの地には多いように感じた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/58-f6a076fa
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。