EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201710<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201712
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

バスの左側前部の乗車口から私たちは乗車した。15ドルの片道乗車券を運転手に渡した。

「どこのホテルへ行くんだい?」運転手は私たちに向かって尋ねた。
スカイシティホテルへ」と私は念を押すように言った。

まだ車内に乗客はいなかった。私と妻は並んで座席に腰を下ろした。目の前には何種類かの観光関連パンフレットが入ったラックが据え付けられている。パンフレット表紙にはラフティング、ワイトモ洞窟ツチボタルツアー、マオリ族ショーなどの事柄が記されていた。

何人かの乗客を乗せてエアバスはオークランドに向けて出発し始めた。窓の外に目を向けると箱型トレーラーをけん引する乗用車が見える。トヨタ、マツダ、ニッサン、ホンダ、ミツビシなど思ったよりも多くの日本車が見える。やがて幹線道路をバスは走り、空港を出て30分ほど経つとオークランド市街地に着いた。

スカイシティ!」と運転手は通る声で言った。

バスはスカイシティホテルに到着した。私と妻はそれぞれの荷物―スーツケースやバッグ―を持ち、忘れ物がないかを確かめながらバスから降り、目の前にある自動ドアをくぐってスカイシティのビルに入る。私はホテルのレセプションはどこだろうと思い辺りを見渡した。それらしき場所は20メートルほど先に見えた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/59-f4985129
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。