EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201703<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

私たち二人はオークランド行きのタイ国際航空TG911便に搭乗した。福岡からバンコクへ来る時の機内の雰囲気は日本色が強かったのとは違い、オーストラリアあるいはニュージーランドといった空気であった。もう日本人はほとんどいないし、日本人客室乗務員もいない。機内では英語の会話が頻繁に聞こえた。

午後6時20分ころに飛行機はバンコク・ドンムアン国際空港を離陸した。窓の外はバンコクの夕景が淡い光を放つ。飛行機は順調に高度を上昇、シートベルトのサインが消えると客室乗務員は乗客に何かを配り始めた。

私と妻のところにもそれが配られた。それはあられであった。米菓のあられ(袋にはrice crackerと書いてあった)であった。乗客の大半は白人なのにあられがスナックとしてでてくるとは、タイ国際航空も変わったことをするなあと思った。それともあられはオセアニア白人社会にもうすでに広く受け入れられているのだろうか。

私はぼりぼりとしょうゆ味ののり巻きあられ食べていた。ヴィクトリアビターというラベルのオーストラリア産ビールを飲んでいた。これからようやくたどり着くであろうニュージーランドのことを思い描いていた。

ニュージーランド、島国、なんか日本列島みたいな形、ひつじ、マオリ族や温泉などいろいろ私の頭の中に浮かんだ。そして私はビールを飲み暗くなった空をぼんやり眺め、ニュージーランドとはいえ旅の無事を祈る。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/61-4a5716f2
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。