EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201707<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>201709
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

歌好きのドライバーの彼は空港までずっと歌っていた。どのターミナルへ行くのかと聞かれた。

「ターミナン・ヌン(ターミナル1)」と私は答えた。

彼は失笑気味に笑い、車をターミナル1に止めた。彼にチップ込みで200バーツ渡して、私と妻は空港ターミナルビルへ移動した。

タイ国際航空のカウンターで私たちは、シドニー経由オークランド行きタイ国際航空TG991便の搭乗手続きを終えて、それから空港使用料500バーツの証紙を自動販売機で購入した。そして出国審査を無事に終了し、パスポートの査証欄にはには紫色の三角形の出国スタンプが押された。

私は免税店でマーテル・XO・スプリーム350ccを買ってしまった。私はこれからきっとコニャックが飲めるようになりたいと思ったのだろう。高いか安いかよくわからないのに買った。2100バーツだった。

出発前の免税店があるエリアには他にレストラン、バーといった飲食施設、インターネットができる場所があり、これらは大体の国際空港で普通に存在している。その一方、わりと珍しい施設としてマッサージ店がそのエリアにはあったのだ。中では多くの人が疲れを解放しているようであった。私たちはフットマッサージをお願いし、わずか30分のマッサージであったが気持ちよくマッサージの施術を受けた。私と妻はTG991便の出発ゲートへ軽くなった足で向かった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/62-68e3d887
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。