EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201703<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201705
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

朝起きるともうホテルのチェックアウトの日だった。旅行中の時間の経ち方は容赦なく速いと感じた。私と妻はチェックアウトの身支度を済ませ、朝食はホテルのレストラン・ビスコッティへ食べに行った。妻はベルギーワッフルをおいしそうに食べていた。私もそれを半分もらってしまった。

朝食の後、私たちは部屋をあとにし、チェックアウトを済ませて荷物をフロントに預けた。国際線出発まで多少時間があったので、マーブンクロンあたりへ出かけた。

マーブンクロンでインターネットをしたあとランチにしようかということになった。

マーブンクロンには巨大なフードコートがある。そこのシステムはまず現金をクーポンに換える。それから気に入った店を見つけて注文してクーポンで支払いをする。フードコートの各店でなぜ現金を扱わないのかという理由は私には分からないけれども、少なくともバンコクの多くのこうした食堂ではクーポンでやりとりしている。

私たち二人は昼食をそのフードコートで取ることにした。今回驚いたことに、いつの間にか(一体いつ改装されたのだろう)マーブンクロンのフードセンターは改装されていた。少しばかりおしゃれ度がアップしていた。また、メニュー表記はタイ語だけだったのが英語も併記されるようになっていた。

しばらくいろんな店を見たあとアヒルの煮込みを乗せたゴハンがおいしそうに見えたので私はそれを注文した。妻はカオ・パット(タイ風チャーハン)を頼んだ。柔らかく煮込んだアヒルのゴハンを私は満足しながら食べた。妻の注文した料理は少し水分が多いその仕上がりに不満な様子だった。確かにチャーハンはパラッとなっている状態のものがおいしいと私も思った。

昼食の後、スカイトレインでホテルまで戻った。1時間くらいロビーでくつろいだあとホテルからタクシーで空港まで向かうこととなった。

一台目のタクシーはメーターの使用を拒む運転手だったので私と妻はすぐにそのタクシーを降りた。ホテルの玄関前にやってきた次のタクシーのドライバーはメーターをオンにした。彼は歌が好きなようで始終ゆったりとしたメロディーを口ずさんでいた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/63-135c83ba
この記事へのトラックバック

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。