EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
200408<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>200409
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

笑の大学笑の大学
監督:星護
原作・脚本:三谷幸喜
出演:役所広司、稲垣吾郎
製作:2004年、日本

DVD情報をAmazonで!
by G-Tools

三谷幸喜原作・脚本の映画『笑の大学』(笑の大学サイトこの映画を上映している映画館は?)を先日の日曜日にダイヤモンドシティ広島のバルト11で見た。

ストーリー
昭和15年の戦時下の日本、警視庁は大衆演劇の台本の検閲を行なっていた。検閲官の向坂睦男(役所広司)は 劇団・笑の大学の座付作家の椿一(稲垣吾郎)の台本は問題があり許可は出せないという。

レビュー
面白い場面が多くちりばめられてあり、また最後のシーンでは考えさせられたりもした。ストーリー展開も良かった。しかし映画全体を通じて楽しめたかと言われれば、どこか引っかかるものがある作品だった。期待し過ぎな状態でこの映画を見に行ったせいかもしれない。

ややくどい音響とテンポ悪く間の長い進行のせいで眠くなったりしたが、その理由として検閲官と作家二人の取調室のシーンがかなりの時間を占めていてやや単調に感じる時があったからかもしれない。映画の中では台本を読むシーンが何回かあったが、其のシーンももう少しリズムよく進めて欲しかったと私は思う。最後に、戦争中でも娯楽を追及しようとした先人に敬意を表したいと思う。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございました

周りの評判が高いと、変に期待してしまって、がっかりすることは多いですね!
戦争の体験は無いですが、つらいときに笑いを提供出来る人は、賞賛に値すると思います。
2004/11/30(火) 23:44:57 | URL | tomo #-[ 編集]
tomoさん、こんにちは。

コメントありがとうございました。また参考になりましたので、TBさせていただきました。実に助かります。
2004/12/01(水) 18:17:49 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
TBありがとうございました。
確かにテンポがいまいちでした。コメディがダレてしまうのは問題ですよね。
自分としては本編終了後、エンドクレジットの長さに少し飽きてしまいました。カメオ出演はそれはそれで面白かったのですが。
2005/01/01(土) 19:04:39 | URL | 哲人30号 #JmQ9Zhlg[ 編集]
哲人30号さんへ
こんにちは、哲人30号さん。

批評を読ませていただきました。この映画の笑い自体は他人を
貶めるような笑いでなくて良かったなあと今さらながら思います。
今でも、ノリはよくなかった印象があります。当時、かなり期待してこの作品を見に行ったせいもあり、
周囲の評価よりはやや低く評価してしまったのかもしれません。
DVDが出てレンタルできればゆっくりまた見直したいと思います。
2005/01/03(月) 01:40:09 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/85-8b47cb33
この記事へのトラックバック
『笑の大学』観ました。三谷幸喜 原作・脚本ということで、面白い内容であることは、予想できたのですが、映画はきついかな?と思いながら観に行きました。予想通り、ストーリーは面白いものでした。しかし、この内容のものを、映画にする必要を感じません。ほとん
2004/11/30(火) 23:41:04 | HEART LAND ~ロード・トゥ・フリー~
■監督 星 護■出演 役所広司、稲垣吾郎、高橋昌也■原作・脚本 三谷幸喜三谷幸喜作の傑作舞台が遂に映画化! 舞台は昭和15年、戦争への道を歩み始めた日本で、国民の娯楽である演劇が規制され、台本も上演前に検閲を受けていた。そんな時代に、警視庁の取調室で、二人
2004/12/06(月) 18:03:21 | 京の昼寝~♪
KAZZのこの映画の評価 先週、話題の”笑の大学”をやっと見てきました三谷幸喜は、凄いここまで、映画館で観客が声を出して笑っていた映画って、なかったんじゃないかな役所広司、稲垣吾郎も、只者ではない!笑いのツボって、人によって違うので、絶対に...
2004/12/08(水) 00:05:23 | (売れないシナリオライター)KAZZの呟き!
観てきました。もとは舞台、そのときは近藤芳正と西村雅彦でやったようで。近藤が稲垣、西村が役所。舞台は見たことありませんが。三谷幸喜の作品にしてはテンポが微妙にいまひとつ。微妙にいまひとつ、っていうのは、三谷作品てテンポだけは絶妙なイメージがあったから。悪
2004/12/08(水) 00:35:11 | ■love talk show■
時代は昭和戦時中。喜劇作家の稲垣吾郎は、検閲官の役所広司から、台本の内容について、ストーリー変更や表現修正などの厳しい命令を受けるんです。稲垣は命令に従い台本を直すんだけど、何度直しても、検閲官から許可を得られないんですね。。稲垣がめげずに、命令に従い台
2004/12/14(火) 19:42:24 | 映画の感想
今まで笑った事がないと言う検閲官の向坂(役所宏司)は、喜劇作家の椿(稲垣吾郎)の
2004/12/31(金) 01:06:50 | PARANOIA-blog
笑の大学観た邦画で久々にいいもん観たなという感じでも映画ってか、やっぱ舞台向き。はじまりは印象的に機械的に不許可判を押す役所さんで、コメディ慣れしてない吾郎さん対立構造のハズがどんどん2人での共同作業になっていく。吾郎がボツにして捨てた原稿を拾う役所さん
2005/09/03(土) 01:07:01 | Dazzling M
「笑の大学」(2004・日本)脚本家・三谷幸喜の最高傑作と呼ばれる舞台喜劇を、役所広司と稲垣吾郎(SMAP)の二人の俳優を起用して映画化したもの。もとの舞台は完全に二人芝居だが、映画では他の役者も少しは登場する。それでもやはり映画もほとんどは密室内の二人のやり取
2005/10/23(日) 00:34:56 | make myself just as hard

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。