EVERSMILE(エバースマイル)
映画の紹介文、コメント、ショートレビュー的な雑文を書いています。何かの参考になれば幸いです。
201708<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>201710
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)

父、帰る
原題:VOZVRASHCHENIE(Возвращение)
監督:アンドレイ・ズビャギンツェフ
音楽:アンドレイ・デルガチョフ
出演:ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナ
製作:ロシア、2003年

『父、帰る』(父、帰る公式サイトこの映画を上映している映画館は?)をサロンシネマで見てきた。この映画はロシア映画である。私はロシア映画を見るのは初めてだ。いままで、何回かその予告編の上映を見てきたが、その時の印象ではどうも謎が多そうで、また重苦しそうに感じた。アンドレイ・ズビャギンツェフ監督は、初監督にして、2003年度ヴェネチア国際映画祭の金獅子賞・新人監督賞や世界各国の映画祭で数々の賞を受賞した。

ストーリー
母と祖母と兄弟の四人暮らしの家に、ある日突然父が帰ってきた。父は12年ぶりに家に帰ってきた。子どもたちは父親の顔は写真でしか知らなかった。父は子どもたちを翌日から旅行に連れて行くことにした。

レビュー
普通なら楽しいはずの父親との湖への旅行だが、兄弟にとっては試練の連続だった。私もこんな旅行には行きたくないと思う。

登場するキャストは誰も笑わない。父親が帰ってきても母や祖母は喜んでいる気配は無い。重苦しい空気が漂う。美しい風景と父子のかみ合わない交流のコントラストがなんともいえない世界を作り出す。

映画を見ている観客に多くの疑問をこの作品は投げかけてくる。いったいこの父は何者か、父は何がしたいのか、また、あれはいったいなんだったのか、と次から次へと何だろうと思いながらこの映画を見ることになる。そして、それらの疑問は最後まで何一つ解決しない。おそらくそういった疑問はこの映画の本質ではないのかもしれない。

決して見ていて楽しい映画ではないが、印象に残る映画だった。自分自身が父親にいずれなった時、この映画に対する見方は今とは違ったものになりそうだ。私はこの映画では風景を最も印象的に感じた。ストーリーはそっちのけで時々風景を楽しんでいた。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
TBありがとうございます。
こういう重さはロシア映画の真骨頂でしょうけど、
案外ユーモアも感じました。
文句なしに今年のベスト3に入ったかな。
2004/12/12(日) 10:35:53 | URL | kiku #-[ 編集]
はじめまして
TBさせてもらいました。

これ、個人的にはタイトルを【父、帰る】にしたらマズイと思っています。確かに父親が帰ってくるという話ですが、英題は【THE RETURN】だし、子供達も「こいつは一体誰なんだ?」というのがあるからサスペンスとして盛り上がると思うのですけどね~(笑)

あくまでも個人的な意見ですが。ということで、これからもよろしくおねがいします。
2004/12/12(日) 21:51:48 | URL | yyz88 #4TkgNZH2[ 編集]
kikuさんへ
コメントありがとうございます。

そうですね、ユーモアはあるかもしれ
ないですね。

あと、お兄さんの訃報をパンフレット
で知った私は少しお兄さんに注目しす
ぎながら見ていたかもしれません。

あのロケ地を巡ってみたいなあと
思ったりもしました。
2004/12/12(日) 23:27:33 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
yyz88さんへ
コメント&TBありがとうございます。

そうですね、映画の邦題というものに
は時々「あれっ?」って思います。
時には原題と本当に全く違う邦題がつ
くことがあります。もしかしたら、
菊池寛の『父帰る』と同じ音なので
その方が覚えてもらいやすいと思った
のかもしれません。

私もできれば映画の題名はそのままに
して欲しいなと思います。

こちらこそこれからもよろしくお願い
します。
2004/12/12(日) 23:48:00 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
トラックバックありがとうございます!
はじめまして~。
「父、帰る」は静かな迫力がありました。
観る前は、きっとアットホームムービーなのかなぁと、思っていまして、それほどには期待していなかったのです。
でも、映画評論家の方々の評判がかなりよかったので、チェックしておこうというつもりで観ましたが・・・凄かったですね。
ドーンと衝撃がきましたよ。
2004/12/14(火) 02:03:06 | URL | ぺぺ山田 #-[ 編集]
ぺぺ山田さんへ
はじめまして。見てから3日ほど経ちますが。余韻の深い映画だなあと感じています。頭の中、「ワーニャ!」って今でも聞こえてきます。
2004/12/14(火) 08:11:00 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
初めまして。ほとんどの皆さんには去年の映画なんですよね。私の住む秋田では今やっと上映中です。見つけて嬉しくてTBさせて頂きました。
2005/01/21(金) 22:05:25 | URL | tomoska #-[ 編集]
tomoskaさんへ
はじめまして。tomoskaさん。
私はこの映画をみて一ヶ月以上経つのですね。記憶には強く残っているのですが、すごく遠い時代に観た映画の香りがします。
東京みたいに何でもすぐ上映されると嬉しいのですが、やはりここ広島でもいくつかの作品は東京や大阪より遅れて上映されます。上映すらされない作品もいくつかあると思います。
ただ、映画館が広島では東京ほどおそらく込んでいないので、そこが地方都市のいいところですね。秋田もそんな感じでしょうか。
今後ともよろしくお願いします。
2005/01/24(月) 01:37:15 | URL | NOV #S4LeXHcY[ 編集]
感想や意見などを投稿する
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://eversmile.blog2.fc2.com/tb.php/91-be43fe58
この記事へのトラックバック
「父、帰る」の公式Website原題、英語で言えば「The Return」という意味だそうで。12年ぶりに、写真でしか見たことがない父親が帰ってきた。やがて兄は父の強さを慕いはじめるものの弟は、突然現れた絶対的な力を持つ姿に、違和感を禁じえない。と、ここまでは筋書きを思い描
2004/12/12(日) 08:31:18 | Estacion Andina
製作に“レン・テレビ”とありますが、これは、世界最高の映画製作組織、世界最強の映画製作軍団といわれている“レン・フィルム”直系であるということでしょう。映画において“レン”という言葉を目にしたら、恐れを抱かねばなりません。ボクはまだほとんど全貌を知らない.
2004/12/12(日) 20:33:07 | 秋日和のカロリー軒
製作国/公開年:ロシア/2003 キャスト:ウラジミール・ガーリン、イワン・ドブ
2004/12/12(日) 21:47:18 | 見なきゃ死ねるか!聴かなきゃ死ねるか!
「父、帰る」を観ました(本家・fab*funにもup、レビューは毎度微妙に中身が違います)。
2004/12/13(月) 19:26:14 | るるる的雑記帳
2003年 ロシア 111分第60回ヴェネチア国際映画祭 グランプリ金獅子賞、新人監督賞受賞監督 アンドレイ・ズビャギンツェフ出演 ウラジーミル・ガーリン、イワン・ドブロヌラヴォフ、コンスタンチン・ラヴロネンコ、ナタリヤ・ヴドヴィナストー...
2004/12/14(火) 02:04:47 | ぺぺのつぶやき
最近わかり易い映画ばかり観ていたので久々にガツーーーンときた。父、帰る:は観終わった後、その映画の持つメッセージを気持ちよく受け取るような映画じゃない。突然帰ってきた父親と葛藤しながらも心を通わせていくハートウオーミングな(やな言葉だなぁ)映画とは対極
2005/01/21(金) 22:00:47 | Chicken's Everyday
参った・・・この一見地味~なロシア映画にこんなに骨抜きにされるとは・・・・・なんだってワーニャはいい年をして(12歳くらい?)あんなにママべったりなのか?なんだって父親の目線(いや、ワーニャの目線か?)は思わせぶりにいやらしいんだ?よく考えると、あま
2005/01/21(金) 22:01:08 | Chicken's Everyday
いやぁ、映画館でトレイラー見た感じと観終わってからの映画の印象とかなり違う本作。 この作品をどんなジャンルで括れば良いのだろうか?親子の物語であるような、サスペンスであるような、ロードムービーのような、少年の成長物語のような、色んな要素を持った作品で結局
2005/04/22(金) 09:36:35 | impression
なんか後味の悪い映画だった。登場人物の誰にも共感できない。父親に12年ぶりに会ったとはいえ、この兄弟いい加減すぎる。父親との約束の時間を平気で3時間くらいすっぽかすのってどうかと思う。親父の怒るのも当たり前。解釈の難しい通ごのみの映画かもしれないが、人間
2005/06/28(火) 02:34:18 | cinema note+
レンタルビデオ屋が半額だった時に「ビッグ・フィッシュ」と迷った映画です。祖母と母とささやかに暮らしていた幼い兄弟の元に写真でしか知らない父がある日12年ぶり帰ってきて兄弟を小旅行に連れて行く。何の説明もしない無口な父、従順に従う兄、反発する弟。そし
2006/01/19(木) 00:03:59 | 映画、言いたい放題!

copyright © 2004 Powered By FC2 allrights reserved
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。